平安時代

しらかば はるあき 白樺 春章 HARUAKI SHIRAKABA

白樺 春章
平安時代

しらかば はるあき 白樺 春章 HARUAKI SHIRAKABA

白樺 春章


ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 志摩国
身長 175cm
体重 52kg
年齢 17歳
性格

のんびりした性格。猫のようにきまぐれで、マイペース。
他人の問題にも躊躇なく踏み込んでゆき、裏表がない。
地位や権力がある人物や、年齢が上の人物などに対しても物怖じせず、自分の主張を貫く。
気配を消すことが得意であるため、いつのまにかいなくなったり、気が付かないうちに近くにいたりする。

エピソード

若きカリスマ神官で、「楠木 武」のよき理解者。女性にも間違えられるほどの美しい見た目をしており、趣味で白拍子などの舞踊もたしなむ。熱狂的なファンもいるほど人気があり、神官として除霊や供養など様々な依頼が殺到する。「歴史の神」と出会ったのは、供養してほしいと公家から依頼された刀剣に「歴史の神」が映り込んでいたのがきっかけ。その後「遣使」(けんし)の使命を受け、マイペースに活動している。

平安時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る