歴女に人気の城下町

長野県の城下町・上田(上田市)

文字サイズ

「上田」(うえだ)の地名を聞いて、まず思い出すのは、「真田一族」(さなだいちぞく)にまつわる歴史物語です。講談や軍記物の題材として古くより人気を博していましたが、近年ではNHKの大河ドラマ「真田丸」(さなだまる)によって、歴女のみならず、城下町・上田の注目度がさらに高まりました。
上田の城下町を歩くと、歴史的遺構の多いことに驚かされます。四方を川に守られた上田を見出し、開拓した真田一族は、2度に亘って「徳川家康」(とくがわいえやす)に苦汁を舐めさせたことでも、全国の戦国大名から一目置かれる存在でした。早速、真田一族の足跡をたどる歴史散策を始めましょう。

永遠に語り継ぎたい真田一族の武勇伝

長野県上田市にある「上田」(うえだ)には、今も「真田一族」(さなだいちぞく)の足跡が残っています。この上田の城下町には、どのような歴史があるのでしょうか。歴史の表舞台で活躍した「真田家」(さなだけ)の武将を中心に城下町の歴史をご紹介します。

天正年間に「松本」に改称

真田昌幸

真田昌幸

「真田氏」(さなだし)は、その祖先を辿ると「清和天皇」(せいわてんのう)の子「滋野親王」(しげのしんのう)に辿り着くと言われています。

その末裔が上田周辺で豪族となり、小県郡真田町(ちいさがたぐんさなだまち)を拠点にしていたことから、真田氏と名乗るようになったのです。

真田幸村/真田信繁」(さなだゆきむら/さなだのぶしげ)の祖父の「真田幸隆」(さなだゆきたか)は、「武田信玄」(たけだしんげん)の配下にあり、真田幸村(真田信繁)の父である「真田昌幸」(さなだまさゆき)の時代に上田盆地に進出。

本能寺の変」(ほんのうじのへん)の翌年、真田昌幸によって「上田城」(うえだじょう)が築城されました。当時の上田城は、と土塁が取り囲み、出入口に石垣を配しただけの簡素な平城だったと言われています。

しかし、「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)において「徳川家康」(とくがわいえやす)と敵対したことから、上田城は廃城処分に。現在の上田城は、真田氏のあとに入封して「上田藩」(うえだはん)を統治した「仙石氏」(せんごくし)によって再建された建造物です。

本当の名前は「真田幸村」か「真田信繁」か

真田幸村(真田信繁)

真田幸村(真田信繁)

講談などに登場する真田家で最も有名な人物は、真田幸村です。

豊臣家」(とよとみけ)が滅亡した「大坂夏の陣」(おおさかなつのじん)において、命を賭して徳川家康の本陣に攻め込んだ活躍によって「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と謳われました。

歴女人気の高い真田幸村こと真田信繁は、真田昌幸の次男ですが、この名前は「劇中の役名」で、生前に真田幸村と名乗った記録はありません。

しかし、江戸時代の講談などで使われた真田幸村の方が、あまりにも有名になってしまったことから、江戸幕府が編纂した歴史書や、真田信繁の縁戚関係にある「松代藩」(まつしろはん)の正式な系図にも、真田幸村の名が登場するようになりました。

真田氏vs徳川家康 1回戦

徳川家康

徳川家康

1582年(天正10年)に「武田勝頼」(たけだかつより)と「織田信長」(おだのぶなが)が相次いで死去したこともあり、「武田氏」(たけだし)の臣下だった真田氏は、戦国大名の地位を手にいれました。

その翌年の1583年(天正11年)には、「上州沼田城」(じょうしゅうぬまたじょう)を攻め落とします。

しかしその翌年、「小牧・長久手の戦い」(こまきながくてのたたかい)の勝利で勢いに乗った徳川家康から、沼田城を「北条氏」(ほうじょうし)に明け渡すよう要求されました。真田昌幸の答えはもちろん拒絶。真田氏は「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)と手を結び、徳川家康に対抗することを決めます。

1585年(天正13年)、徳川家康は「大久保忠世」(おおくぼただよ)、「鳥居元忠」(とりいもとただ)が率いる8,500人の軍勢を上田に差し向けました。迎え撃つ真田勢はわずか2,000人。勝ち目はないと思われた戦いでしたが、真田昌幸が率いる真田軍は、徳川勢をギリギリまで上田城に引き付けたうえで奇襲をかけ、真田軍の大勝利。

歴女ならずとも思わず唸ってしまう戦いぶりで、真田の「六文銭/六連銭」(ろくもんせん/ろくれんせん)の旗印は、全国の戦国大名の間で知られる存在となりました。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

真田氏vs徳川家康 2回戦

真田氏と徳川家康の2回戦は、関ヶ原の戦いにまつわる戦いです。天下分け目の合戦前、真田氏は一族の存亡をかけて長男「真田信幸」(さなだのぶゆき)を徳川方に付け、真田昌幸と次男の真田幸村(真田信繁)は豊臣方に付くことになりました。

石田三成

石田三成

1600年(慶長5年)7月、「石田三成」(いしだみつなり)が挙兵。

このとき、徳川家康は会津の上杉景勝討伐のために東へ軍を進めていましたが、ただちに進路を転じて、徳川家康自身は東海道を西に進み、3万数千の兵を率いた嫡男「徳川秀忠」(とくがわひでただ)には、中山道経由で関ヶ原をめざすよう命じました。

しかし、信濃(しなの:現在の長野県)に入った徳川秀忠の前には、真田の強者達が守る上田城が立ちはだかっていたのです。

そのため、徳川秀忠は信濃で1週間を費やすことになってしまい、合戦に遅れてしまいました。この失態を受け、徳川家康は徳川秀忠を叱責したと言われています。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

真田氏、そののちの命運

関ヶ原の戦いのあと、真田昌幸、真田幸村(真田信繁)父子は高野山に幽閉されますが、長男の真田信幸の嘆願により処刑は免れることができました。しかし、上田城は破却され、11年後に真田昌幸は他界。真田信幸は、沼田城主に納まりました。

1614年(慶長19年)、「大坂冬の陣」(おおさかふゆのじん)で「豊臣秀頼」(とよとみひでより)に請われた真田幸村(真田信繁)は、「大坂城」(おおさかじょう:現在の大阪城)に入城。天王寺口に出城「真田丸」(さなだまる)を築いたうえで、戦へと果敢に挑み、その翌年の大坂夏の陣で、「後藤基次」(ごとうもとつぐ)らと共に、伊達勢と交戦の末、最期を迎えています。

このとき、真田幸村(真田信繁)が身にまとっていたのが真紅の甲冑。鹿角を象った脇立を配したをはじめとした具足は、歴女ならずとも、観る者を魅了する鮮やかさです。

一方、徳川家康に付いた長男の真田信幸は、大坂の夏の陣が終わると、苦境に立たされますが、恭順(きょうじゅん:謹んでしたがうこと)を誓い、「沼田」から「上田」への転封が叶いました。このとき、真田信幸は父親から受け継いだ「幸」の文字を捨て、「真田信之」(さなだのぶゆき)に変更。

上田藩主となった真田信之は、家臣の知行改めや同心の編成替え、貢納制度の改革などを進め、1622年(元和8年)に「松代」(まつしろ)に転封し、松代藩の初代藩主となりました。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

北国街道の宿場町

上田は城下町であると同時に、北国街道(ほっこくかいどう)の宿場町として栄えた町でもあります。上田城を築いた際、真田昌幸は先祖の「海野氏」(うんのし)と縁の深い「海野郷」(うんのごう)と、真田氏ゆかりの「原之郷」(はらのごう)から商人や農民を集め、上田城下に移らせました。

それらの人々が暮らしていた地域は、現在でも海野町(うんのまち)、原町(はらまち)の名が残り、格子造(こうしづくり)の家や屋根を二重に重ねた煙出しのある家屋、卯建(うだつ)のある家などが点在しています。

また、1622年(元和8年)、真田氏に代わって藩主として入封した仙石氏も、城下町の整備には力を注ぎ、武士に交じって多くの農家や商人、職人が住むようになりました。味噌や醤油作りなどの新たな地場産業も勃興し、瓦や鋳物づくり、染色業も盛んに行なわれていたと言われています。

特に、真田昌幸が作った「真田織」(さなだおり)が起源と伝わる「上田紬」(うえだつむぎ)は、織物の名品として全国的に名を馳せ、仙石氏も諸大名への贈り物として重用していました。

仙石氏のあとに上田城下を率いた「松平氏」(まつだいらし)は、江戸時代後期の天保年間に「産物改所」(さんぶつあらためじょ)を設けて上田紬の品質を検査し、「改め印」(あらためいん)を押した上で出荷する制度を設けました。

検査を経た上田紬は、大坂浪華橋(おおさかなにわばし)の「上田物産売捌所」(うえだぶっさんうりさばきじょ)に送られ、全国に運搬。京都・上田間で「紬飛脚」(つむぎびきゃく)が往来したほど、上田紬は城下町を支える主力商品となっていました。

上田紬の生地で制作された着物で城下町を散策すれば、歴女気分が盛り上がること間違いなしです。

城下町・上田の散策ポイント

上田の城下町には、信州名物が揃う江戸時代の建物が残る場所や真田家に縁のある神社仏閣など、散策ポイントが多くあります。魅力的な城下町をご紹介します。

上田城跡公園

南は「千曲川」(ちくまがわ)、西と北は「矢出沢川」(やでさわがわ)、東は「神川」(かんがわ)が天然の堀となり、上田城を守っていました。この上田城は、1583年(天正11年)真田昌幸によって築城され、1585年(天正13年)の「第一次上田合戦」(だいいちじうえだかっせん)と、1600年(慶長5年)の「第二次上田合戦」(だいにじうえだかっせん)で、徳川方の大軍を退けたことで知られています。

2度に亘る実戦経験があるお城は例がなく、難攻不落の名城として上田の名を全国に轟かせました。関ヶ原の戦いのあとは真田信之が城主となり、以後、仙石氏(3代)、松平氏(7代)と移り変わり、「明治維新」(めいじいしん)を迎えています。

「上田城跡公園」(うえだじょうせきこうえん)は、春に「上田城千本桜まつり」、秋にはかつての二の丸堀を見事な紅葉が包む「紅葉まつり」が行なわれ、多くの観光客で賑わう上田城。二の丸堀は、けやき並木の遊歩道となり、歴女にとって四季を通じて心地良い散策路となっています。

関ヶ原の戦いのあとに破却された上田城は、仙石氏が城主の時代に再建され、7基の櫓(やぐら)と2基の櫓門(やぐらもん)が建てられました。明治維新を迎えると、西櫓1基のみを残し、他の櫓や櫓門は取り払われてしまいます。

しかし、のちに城外に移築されていた2基の櫓は買い戻され、1943年(昭和18年)から6年ほどをかけて現在の南櫓・北櫓として再移築。さらに、1994年(平成6年)には東虎口櫓門が復元されました。

上田城 西櫓

上田城 西櫓

西櫓は、1620年代(寛永年間)に仙石氏が建てた建造物で、上田城で江戸時代から現存している唯一の建物。

南櫓・北櫓と共に長野県宝(ながのけんぽう:長野県文化財保護条例に規定されている有形文化財)に指定されています。

また、東虎口櫓門右手の石垣のなかにある高さ約2.5m、幅約3mの大きな石「真田石」(さなだいし)も見どころです。

真田信幸は松代城移封となった際に、父の真田昌幸の形見としてこの大石を持っていこうとしたのですが、微動だにしなかったと言い伝えが残っています。歴女ならずとも、その大きさに圧倒されてしまいそうです。

眞田神社

眞田神社(真田神社)

眞田神社(真田神社)

眞田神社」(さなだじんじゃ)は、歴代の上田城主(真田氏・仙石氏・松平氏)を祀る上田城本丸跡に鎮座する神社です。

徳川家康に苦汁を舐めさせて名を馳せた真田昌幸と長男の真田信幸、次男の真田幸村(真田信繁)の知恵や勝運にあやかろうと、御守護符や合格祈願のお守りを求めて、歴女をはじめ、多くの観光客が訪れるパワースポットとしても知られています。

1879年(明治12年)頃に、旧上田藩藩士や町の人々によって設立され、当初は「松平神社」(しょうへいじんじゃ)の名で藩主の松平氏を祀っていましたが、そののち、上田城の2つの櫓が再建されたのを機に、1953年(昭和28年)「上田神社」(うえだじんじゃ)と名を改め、真田・仙石・松平の歴代上田城主を合祀。

さらに1963年(昭和38年)には、眞田神社と改称されて今日に至っています。

上田市立博物館

上田市立博物館

上田市立博物館

上田市立博物館」(うえだしりつはくぶつかん)は、歴代上田城主の甲冑などの上田藩にまつわる資料や、重要文化財「織田信長所用韋胴服」(おだのぶながしょようかわどうふく)、重要民俗文化財「染屋焼」(そめややき)、「正保の信濃国絵図」(しょうほうのしなののくにえず)、養蚕資料、古文書類など、中世以降の上田の歴史を学ぶことができる歴史・民俗資料及び自然資料が収蔵・展示されている博物館です。

北国街道・柳町

柳町通り

柳町通り

上田城築城と共につくられた城下町の上田は、江戸時代に入ると中山道と日本海を結ぶ北国街道の宿場町として栄えました。

さらに、明治時代に入ると養蚕が益々盛んになり、北国街道沿いの柳町には、25軒もの呉服問屋が並んでいたと言われています。

その面影を伝える歴史街道として、現在は350年以上の歴史を持つ酒蔵や、老舗の味噌蔵をはじめ、信州そば、天然酵母パン、おいだれ焼き鳥、真田REDアップルのスイーツといった名物グルメのショップが軒を連ねている、歴女にも人気のある歴史街道です。

歴史探索が一段落したあとは、ご当地グルメを探しながら、古き良き街並みを眺めてのんびり歩いてみれば、城下町の違った魅力を発見できるかもしれません。

上田藩主居館跡

関ヶ原の戦いのあと、真田昌幸の長男である真田信幸が居館を構えた場所が「上田藩主居館跡」(うえだはんしゅきょかんあと)です。表門とその両脇に続く土塀、濠(ごう:城の周囲に設けた堀)から往時の様子を窺い知ることができます。

父や弟亡きあと、真田信之はどのような思いで上田を統治していたのでしょうか。春になると一斉に咲きそろう桜は実に見事です。散策しながら真田一族の歴史を体感してみてはいかがでしょうか。

長谷寺

石門と枝垂れ桜

石門と枝垂れ桜

「長谷寺」(はせでら)は、真田幸村(真田信繁)の祖父である真田幸隆が開山した、真田一族の菩提寺です。

境内には真田幸隆夫妻と真田昌幸の墓。六文銭が刻まれた石門があり、春には寺を覆うように美しい枝垂れ桜が花を咲かせます。

信綱寺

「信綱寺」(しんこうじ)の創建は室町期。真田昌幸が、長兄である真田信綱の位牌所とした古刹(こさつ:由緒ある古い寺)で、真田信綱夫妻の墓があります。

妙見寺

妙見寺の鳴竜

妙見寺の鳴竜

妙見寺」(みょうけんじ)は、本堂の天井に描かれた竜頭の下で手を打つと、竜の鳴き声を聞くことができるという、「日本四方鳴竜」(なきりゅう)のひとつがこの寺にあります。

東西南北の各地にあった鳴竜のうち、妙見寺の竜は「南鳴竜」と呼ばれていました。

後鳥羽天皇」(ごとばてんのう)の時代に創建された当初は、別の場所にありましたが、その後この地に移転され改築。

宝暦年間(1751~1764年)、僧の弘算によって本堂と妙見堂(みょうけんどう)が再建され、画家の「秀山信尹」(しゅうざんのぶただ)を招いて本堂の大天井に、10畳分の2匹の竜の絵を描かせたと言われており、この竜がいわゆる鳴竜です。

その竜頭の下で手を打ってみたときに、どのような鳴き声を聞かせてくれるのでしょうか。歴女ならずともワクワクしてしまいそうです。

信濃国分寺

三重塔

三重塔

奈良時代、上田の地に建立された「信濃国分寺」(しなのこくぶんじ)。

境内にある「三重塔」は、現存する国分寺の塔のなかで最も古い塔。

「承平の乱」(じょうへいのらん)で一度は焼失したと言われていますが、室町時代に現在の場所へ移され、再建されました。

三重塔は国の重要文化財に指定されています。

野倉夫婦道祖神

野倉夫婦道祖神

野倉夫婦道祖神

「野倉夫婦道祖神」(のぐらめおとどうそじん)は、別所温泉(べっしょおんせん)から山道を登った先の、野倉にある微笑ましい道祖神。

自然石の前面に、「衣冠束帯」(いかんそくたい)の男神と、「十二単」(じゅうにひとえ)の女神が仲良く手を取り合う夫婦の道祖神が彫られており、「縁結び」と「家庭円満」のご利益があるとも。

決して派手ではありませんが、歴女として訪れておきたいスポットだと言えます。

旧常田館製糸場

「旧常田館製糸場」(きゅうときだかんせいしじょう)は、1900年(明治33年)創業の機械製糸工場です。繭倉庫(まゆそうこ)や選繭場(せんけんじょう)など、明治時代から大正時代にかけて建築された7棟が、2012年(平成24年)に国の重要文化財に指定されました。

真田氏が活躍した戦国時代から上田紬の伝統を受け継ぐ地の産業遺産として、また、日本の近代化に大きく貢献した製糸業界の遺構としても観るべき物が多く、館内では貴重な資料が保存・展示されています。

長野県の城下町・上田(上田市)

長野県の城下町・上田(上田市)をSNSでシェアする

loading...

長野県の刀剣施設情報

長野県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 長野市
  • 松本市
  • 上田市
  • 岡谷市
  • 飯田市
  • 諏訪市
  • 須坂市
  • 小諸市
  • 伊那市
  • 駒ヶ根市
  • 中野市
  • 大町市
  • 飯山市
  • 茅野市
  • 塩尻市
  • 佐久市
  • 千曲市
  • 東御市
  • 安曇野市
  • 南佐久郡小海町
  • 南佐久郡川上村
  • 南佐久郡南牧村
  • 南佐久郡南相木村
  • 南佐久郡北相木村
  • 南佐久郡佐久穂町
  • 北佐久郡軽井沢町
  • 北佐久郡御代田町
  • 北佐久郡立科町
  • 小県郡青木村
  • 小県郡長和町
  • 諏訪郡下諏訪町
  • 諏訪郡富士見町
  • 諏訪郡原村
  • 上伊那郡辰野町
  • 上伊那郡箕輪町
  • 上伊那郡飯島町
  • 上伊那郡南箕輪村
  • 上伊那郡中川村
  • 上伊那郡宮田村
  • 下伊那郡松川町
  • 下伊那郡高森町
  • 下伊那郡阿南町
  • 下伊那郡阿智村
  • 下伊那郡平谷村
  • 下伊那郡根羽村
  • 下伊那郡下條村
  • 下伊那郡売木村
  • 下伊那郡天龍村
  • 下伊那郡泰阜村
  • 下伊那郡喬木村
  • 下伊那郡豊丘村
  • 下伊那郡大鹿村
  • 木曽郡上松町
  • 木曽郡南木曽町
  • 木曽郡木祖村
  • 木曽郡王滝村
  • 木曽郡大桑村
  • 木曽郡木曽町
  • 東筑摩郡麻績村
  • 東筑摩郡生坂村
  • 東筑摩郡山形村
  • 東筑摩郡朝日村
  • 東筑摩郡筑北村
  • 北安曇郡池田町
  • 北安曇郡松川村
  • 北安曇郡白馬村
  • 北安曇郡小谷村
  • 埴科郡坂城町
  • 上高井郡小布施町
  • 上高井郡高山村
  • 下高井郡山ノ内町
  • 下高井郡木島平村
  • 下高井郡野沢温泉村
  • 上水内郡信濃町
  • 上水内郡小川村
  • 上水内郡飯綱町
  • 下水内郡栄村
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「歴女に人気の城下町」です。城下町は、お城と共に栄えた町並みを、食事や買い物と合わせて楽しめる観光地として知られています。「歴女に人気の城下町」は、地域別に検索することができますので、お城めぐりや観光の際にぜひご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード