歴女に人気の城下町

長崎県の城下町・島原(島原市)

文字サイズ

長崎県島原市の島原半島にある「島原城」(しまばらじょう)は、高く積み上げた石垣の上にそびえる5重5階の壮大なお城です。
島原の歴史と言えば、江戸時代のキリシタン弾圧を象徴する「島原の乱」(しまばらのらん)や、雲仙・普賢岳(うんぜん・ふげんだけ)の噴火による大災害「島原大変、肥後迷惑」などの悲劇と共に語られることが多いですが、江戸時代中期からは文武を奨励した「松平氏」(まつだいらし)の善政により、比較的穏やかな時代が続いていました。
近年では、キリシタンの弾圧についても様々な角度からの研究が進み、単なる異教徒の排斥ではなかったのではと言う見解も出されています。

島原藩に伝わるキリシタンの歴史を追う

有馬晴信

有馬晴信

島原半島一帯は、戦国時代から「有馬氏」(ありまし)の領地でした。

島原藩(しまばらはん)は、キリシタン大名として知られる「有馬晴信」(ありまはるのぶ)の治世のもとで、キリスト教の布教活動と朱印船貿易の中心地として発展。

しかし、1609年(慶長14年)に島原藩を根底から揺るがす「岡本大八事件」(おかもとだいはちじけん)が起きます。

このできごとは、「徳川家康」(とくがわいえやす)の側近「本多正純」(ほんだまさずみ)の重臣「岡本大八」(おかもとだいはち)が行なったある行動が、のちのキリスト教弾圧に繫がるほどの重大な事件です。

1609年(慶長14年)、有馬晴信は長崎港の沖合でポルトガル船「マードレ・デ・デウス号」を攻撃。実はこの前年にマカオで、ポルトガル船乗組員と日本の朱印船の水夫が取引を巡って衝突し、日本側は多数の水夫を失っていたのです。その報復として長崎港でポルトガル船を沈めるよう指示したのが有馬晴信でした。

このとき、有馬晴信は事前に幕府から報復許可を得ており、ポルトガル船攻撃後には、幕府が欲していた「伽羅」(きゃら:上質な香木)を幕府へ献上したこともあって、幕府から褒賞を賜ることを期待していたのです。

その一方で、有馬晴信が幕府へ伽羅を献上したことがひとつの問題を生み出します。それは、長崎奉行「長谷川藤広」(はせがわふじひろ)との確執。伽羅の入手・献上は、初め幕府から長谷川藤広へ対して命じられていたのですが、それを先に有馬晴信が幕府へ献上してしまったため、長谷川藤広は有馬晴信に対して激しい怒りを覚えました。

そこで長谷川藤広は、生糸貿易により利益を得ていた有馬晴信の邪魔をするかの如く、キリスト教「ドミニコ会」へ近付いて、生糸の将軍先買権を強化したのです。

これには有馬晴信も脅威を感じ、有馬晴信と長谷川藤広は「不倶戴天の敵」(ふぐたいてんのかたき:決して許しあえない仲のこと)となり、この関係悪化がのちに有馬晴信自身に降りかかる災難の種になります。

ポルトガル船沈没ののち、有馬晴信と幕府の情報伝達役を行なっていたのが岡本大八でした。岡本大八はかなりの切れ者で、有馬晴信が旧領回復のために褒賞を期待していることを知ると、「今回の恩賞として有馬氏の旧領回復を検討中だ。後押しするには我が君主・本多正純の力添えが不可欠だが、そのためには多額の資金が必要になる」と言う虚偽の報告を有馬晴信に行ないました。

岡本大八は、自身が仕えていた本多正純の名を利用した挙句、徳川家康の朱印状を偽造すると言う手の込みようで、有馬晴信から6,000両にも及ぶ賄賂を受け取ります。しかし、岡本大八の悪巧みはすぐに発覚。1612年(慶長17年)、岡本大八は朱印状偽造の罪により駿府で「市中引き回しの刑」ののち、火刑に処されました。

そして、有馬晴信は岡本大八の証言により長崎奉行の長谷川藤広謀殺の罪に問われます。前出の通り、有馬晴信と長谷川藤広の関係は最悪だったため、有馬晴信も言い逃れができないまま、岡本大八刑死の同年に流罪ののち改易。そののち、幕府から切腹を命じられますが、有馬晴信はキリシタンであることを理由に家臣の手で自身を斬首させ、その生涯を終えました。

この一連の騒動を起こしたのが、キリシタンの有馬晴信と岡本大八であったことから、それまでキリシタンに対して比較的大らかな対応を見せていた江戸幕府も、キリシタン禁制に踏み切らざるを得なくなったのです。

島原藩のその後

有馬晴信没後、島原藩の藩政を引き継いだのは、有馬晴信の嫡男(ちゃくなん)である「有馬直純」(ありまなおずみ)でした。有馬直純もまたキリシタンでしたが、父の犯した罪への加担はなかったと判断されたことから所領を安堵(あんど:土地所有をそのまま賜ること)されます。

有馬直純は、幕府からの温情を受けて改宗し、藩内に厳しい「禁教令」(きんきょうれい)を敷きました。しかし、この行動は返ってキリシタンの結束を強めてしまいます。

その状況を懸念した幕府は、1614年(慶長19年)に有馬直純を「日向国延岡藩」(ひゅうがのくにのべおかはん:現在の宮崎県延岡市)に転封を言い渡し、島原は佐賀藩(さがはん)「鍋島氏」(なべしまし)、平戸藩(ひらどはん)「松浦氏」(まつうらし)、大村藩(おおむらはん)「大村氏」(おおむらし)の委任統治領となりました。

1616年(元和2年)になると、「大坂の役」(おおさかのえき)で戦功を上げた「松倉重政」(まつくらしげまさ)が「大和五条藩」(やまとごじょうはん:現在の奈良県五條市)から4万石で島原へ入り、藩主の座に着きます。

領内には、「日野江城」(ひのえじょう)と「原城」(はらじょう)がありましたが、日野江城は戦国時代の山城で使い勝手が悪く、原城には城下町を建設できるだけの空間がありませんでした。そこで松倉重政は、築城の地として島原を選びます。

なお、江戸幕府の「一国一城令」(いっこくいちじょうれい)が出されたあとに、新たな城の建設を許されたのは3例のみで、そのひとつが「島原城」(しまばらじょう)でした。島原城は、1618年(元和4年)から築城を開始。足かけ7年のときを経て、1624年(寛永元年)に島原城は完成。以降、島原半島の政治、経済、文化の中心地となり、島原藩の発展を率いていきます。

独自の横矢掛かりを備えた島原城

横矢掛かり

横矢掛かり

松倉重政は、築城と同時並行で大規模な城下町を整備し、藩政の基礎を築きました。

島原城の城郭は、東西200間(約363m)、南北688間(約1,250m)。

その南端には、一辺が30間(約54m)もある巨大な外枡形(そとますがた:城の防御のために設けた方形の空間)があり、大手門を配置。

そして、その周囲に7ヵ所の城門と、33の平櫓(ひらやぐら)を設け、石垣と塀が張り巡らされます。

島原城を特徴付けているのは、外郭の石垣塁線に置かれた11ヵ所の平櫓。この平櫓は、攻め入る敵兵に鉄砲・弓矢を用いて側面から迎え撃つ「横矢掛かり」(よこやがかり:守城戦で、攻城勢の側面を鉄砲・弓矢などで攻撃すること)が行なえるよう設計されています。こうした構造は、国内の他の城郭にも例がなく、島原城独特の物です。

お城の敷地には、南から本丸、二の丸、藩主の御殿がある三の丸が並び、その周囲には上級藩士の屋敷が集まっていました。本丸、二の丸の周囲と、三の丸の東側と南側に堀が造られ、本丸と二の丸の間は廊下橋、二の丸と外郭の間は土橋が架けられています。二の丸から本丸の天守に続く通路は、石垣と櫓門の配置を工夫して枡形が連続する線を描き、高い防御性を確保。

さらに、本丸には5層の天守がそびえ、その周囲に3重櫓、2重櫓、平櫓を配置して、本丸に侵入した敵に対して、互いの櫓が連携して攻撃できるよう工夫を施してあります。

お城の西側には下級藩士の屋敷があり、東側にはお城に直接隣接する町家が城下町を形成。その周囲には田畑が広がっていました。

島原の乱の背景にあった様々な事情とは?

戦国時代からキリシタン大名の有馬氏が治めていた島原半島は、キリスト教の信仰が盛んな土地柄でしたが、岡本大八事件がきっかけとなり、徳川幕府は1612年(慶長17年)に禁教令を出しています。

当時、島原藩主だった松倉重政は、1625年(寛永2年)に時の将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)からキリシタン対策の甘さを指摘され、それまでの寛大な政策を方針転換。取り締まりと弾圧を強化しました。その跡を継いだ松倉重政の嫡子「松倉勝家」(まつくらかついえ)もまた、松倉重政以上に厳しい弾圧をキリシタンに課したと言います。

そのなかで勃発したのがキリシタンの反乱として伝わる「島原の乱」(しまばらのらん)。農民が中心となって一気に火が付いた乱は、単に宗教問題に起因したものではなく、背景には様々な島原藩の事情が重なっていました。大きな要因のひとつは、財政の逼迫(ひっぱく:追い詰められて余裕がなくなること)です。

実は島原城の築城には、莫大な費用がかかっていました。当時の松倉氏(まつくらし)の石高は4万3,000石。それに対して島原城は、10万石の大名に匹敵する規模のお城でした。そして、松倉重政はその財源を領内の年貢増に頼ったのです。

天草四郎

天草四郎

松倉重政の跡を継いだ松倉勝家もまた、新たな税を次々に打ち出して年貢の増徴を強行。

さらに悪いことは重なり、1636年(寛永13年)から翌年にかけて、島原藩の領内は大凶作に見舞われます。

その窮状に絶えかねた島原の民衆が蜂起し、これに呼応した「天草四郎」(あまくさしろう)が一揆軍を編成。これが島原の乱のはじまりです。

島原の乱の結末

乱の引き金となった世情の背景として、注目すべきもうひとつの側面は、江戸幕府の偏った貿易対応にありました。

キリスト教の布教は、西欧諸国の領土侵略の野心と背中合わせの関係にあることは、「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)や徳川家康も承知していましたが、一方で貿易による利益が大きかったため、宣教師による布教活動の影響が限定的な間は、これを黙認していたのです。

しかし、この時代になると、キリシタンの政治活動が活発化し、江戸幕府に対する反政府デモが頻発するようになりました。これを脅威に感じた江戸幕府が禁教令の発布に踏み切ったのです。とは言え、江戸幕府は一概にキリスト教を敵視したのではなく、布教を行なわないプロテスタント系のオランダやイギリスとは友好的な貿易を続けていました。

この対応の違いから、布教を通して信者を獲得し、国家転覆を謀ろうと目論んでいると思われた「イエズス会」を中心とするカトリック系の国々の影響力を排除したかった幕府の思惑が透けて見えます。

3ヵ月以上に及ぶ島原の乱は、佐賀藩鍋島氏、柳川藩立花氏、久留米藩有馬氏の援軍を受け入れ、4度に亘る総攻撃の末にようやく収束に向かいました。一揆に参加した民衆は全滅。攻撃した側の戦死者も一揆軍の2倍に上り、一揆の首謀者とみなされた天草四郎らの首は長崎の出島橋に晒され、3,000以上に及ぶ一揆軍の首も長崎郊外に晒されたと言います。

そして、島原藩主の松倉勝家も責任を問われて除封(じょほう:所領、家禄、屋敷の没収及び武士の身分剥奪)されたのち、斬首刑に処されました。なお、ローマ教会は島原の乱を宗教一揆ではなく、農民一揆であるとの評価を下しており、島原の乱で命を落とした民衆達が殉教者と認められていないのは、なんとも皮肉な悲劇的結末と言えます。

名君・松平氏が導いた「島原大変」からの復興

島原の乱ののち、藩の政情が落ち着きを取り戻したのは、1669年(寛文9年)に「松平忠房」(まつだいらただふさ)が入封してからのことです。松平忠房は文武両道に長け、学者とも親交を持つ教養深い人物でした。

島原に入った松平忠房は、領内の検地に着手して、税制の見直しや農業の振興、寺社の整備などを推進。また、1793年(寛政5年)には、藩校「稽古館」(けいこかん)を設立し、人材育成にも注力しました。1792年(寛政4年)には、「島原大変、肥後迷惑」と言われた雲仙・普賢岳(うんぜん・ふげんだけ)の大噴火に襲われながらも、松平氏の善政によって見事に苦境を乗り越えています。

大噴火の直後に藩主となった「松平忠馮」(まつだいらただより)は、災害からの復旧に力を注ぐと同時に、ただちに財政の再建策と殖産興業策を打ち出し、櫨(はぜ:ウルシ科の落葉高木)の栽培や山林の造成、明礬(みょうばん)の生産を奨励しました。その一方で、こうした苦境のときにこそ人材が必要であると感じ、松平忠房が設立した藩校と同名の藩校「稽古館」(けいこかん)を創設。

1821年(文政4年)、松平忠馮の四男「松平忠侯」(まつだいらただまさ)が藩主になったときには、医学校と病院をかね備えた「済衆館」(さいしゅうかん)を島原城内に創設しており、松平忠房の精神が藩政のなかに受け継がれていたことを物語っています。

島原城下の様々な施設

小さな藩の象徴として壮大な城郭を持つ島原城の城下町には、江戸時代の日本とキリスト教の関係を感じるスポットが多く残っています。観光におすすめのスポットをご紹介します。

島原城

島原城

島原城

島原城は、大乱にも大地震にも耐え抜いた頑強なお城でしたが、1876年(明治9年)に、廃城令の流れで天守閣が解体されます。

しかし、1957年(昭和32年)に全国初の城跡公園に指定され、その3年後に西の櫓が再建されたことに続き、20年の歳月をかけて天守閣、「巽櫓」(たつみやぐら)、「丑寅」(うしとら)の櫓が次々と蘇りました。

現在天守閣には、キリシタン史料や藩政時代の史料が展示されています。

澄んだ音色で城下に時を告げた鐘楼

時鐘楼

時鐘楼

「時鐘楼」(じしょうろう)は、1675年(延宝3年)に藩主の松平忠房が「人々に時刻を知らせ、守らせることは政治のなかでも大切なこと」として建立した鐘楼。

かつては、「鋳物[いもの]の名人」と謳われた「藤原正次」(ふじわらまさつぐ)が鋳造した鐘が吊り下げられ、毎時、美しく澄んだ音色を響かせていました。

明治維新後も「お上の鐘」として旧城下町の人々から愛され、鐘撞きに従事する者が時を伝え続け、現在の鐘楼は、1973年(昭和48年)に復元された鐘楼になります。

重さ375kgある鐘の名文や模様は、彫刻家で文化功労者の「北村西望」(きたむらせいぼう)氏が手掛けており、芸術が好きな歴女にも人気のスポットです。

清水の流れる武家屋敷街に質素な暮らしぶりを訪ねる

武家屋敷街と水路

武家屋敷街と水路

武家屋敷街」(ぶけやしきがい)とは、島原城築城に際して整備された城下町の名残を残す場所。

お城の西に接する場所には、70石以下の下級武士の屋敷が集まっていました。

この辺りは別名「鉄砲町」(てっぽうちょう)。名称の由来には諸説あり、鉄砲組の武士が多かったからと言う説の他、造成当時は隣家との間に塀がなく、まるで鉄砲の筒のなかを覗くように武家屋敷界隈が見通せたからと言う説もあります。

松平氏の藩政が続くなかで、城下町の整備はさらに進み、新たな道も造られていきました。

1775年(安永4年)には、時の藩主「松平忠恕」(まつだいらただひろ)が下級武士の屋敷であっても境界がないのはよくないと、各屋敷に石垣を築くよう命じます。これは、窮乏している町民を救うための公共事業でもありました。

また、屋敷町の中央を流れる清水は、飲料水や生活用水として使用され、これを管理する川奉行も設置しています。

水路は現代においても、地域住民の生活用水として利用されており、島原を代表する水の名所として、歴女をはじめとした観光客が多く訪れるスポットとして有名です。

島原城下の歴史を知る松平文庫

島原図書館の2階にある「松平文庫」(まつだいらぶんこ)には、松平忠房が前任地である福知山にいた頃に集めた文学、歴史、兵法の書物を保管。

藩校である稽古館の教科書として活用された本の他、藩政を記録した「旧島原藩日記」や、旧藩士の家から寄贈された古文書も多数保管されており、島原城下の歴史をより詳しく知りたい歴女には絶好のスポットです。

大迫力の涅槃像が待つ松倉氏の菩提寺

大涅槃像

大涅槃像

江東寺」(こうとうじ)は、1558年(永禄元年)に有馬晴信の弟「宣安明言和尚」(せいあんみょうげんおしょう)が開山した寺院。1624年(寛永元年)に城主となった松倉重政によって菩提寺と定められました。

島原大変の大地震では崩壊流失の被害に遭い、8年後に現在の場所に再建されています。この再建を祝って贈られた「涅槃図」(ねはんず)は、豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)の尼僧が3年がかりで刺繍した物。

1957年(昭和32年)には、この涅槃図にちなんで身の丈8mを超える「大涅槃像」が造られました。頭部には、信者による写経1万巻が納められ、台座は歴代住職の納骨堂となっています。

今も地下水が湧き出す日本一小さな陥没湖

1792年(寛政4年)に起こった雲仙岳の大噴火では、島原半島の東にある眉山(まゆやま)が崩壊。その窪地に大量の地下水が湧き出してできた湖が「白土湖」(しらちこ)です。

島原大変の直後は街道が寸断され、しばらくは水の湧出が止まらず、復旧作業が大幅に遅延。島原藩は1万人以上の人手を集めて掘削作業を進め、翌年になってようやく排水路を完成させました。

現在も、湖の水は涸れることなく、1日あたり4万tと推定される大量の水が湧出し、地元住民の生活用水として利用されています。

長崎県の城下町・島原(島原市)

長崎県の城下町・島原(島原市)をSNSでシェアする

「長崎県の城下町・島原(島原市)」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「長崎県の城下町・島原(島原市)」近くの生活施設を探す

「長崎県の城下町・島原(島原市)」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「長崎県の城下町・島原(島原市)」近くの施設情報

「長崎県の城下町・島原(島原市)」近くの観光名所

「長崎県の城下町・島原(島原市)」近くの飲食店

「長崎県の城下町・島原(島原市)」近くのショッピング施設

「長崎県の城下町・島原(島原市)」近くの宿泊施設

長崎県の刀剣施設情報

長崎県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 長崎市
  • 佐世保市
  • 島原市
  • 諫早市
  • 大村市
  • 平戸市
  • 松浦市
  • 対馬市
  • 壱岐市
  • 五島市
  • 西海市
  • 雲仙市
  • 南島原市
  • 西彼杵郡長与町
  • 西彼杵郡時津町
  • 東彼杵郡東彼杵町
  • 東彼杵郡川棚町
  • 東彼杵郡波佐見町
  • 北松浦郡小値賀町
  • 北松浦郡佐々町
  • 南松浦郡新上五島町
すべてを見る

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「歴女に人気の城下町」です。城下町は、お城と共に栄えた町並みを、食事や買い物と合わせて楽しめる観光地として知られています。「歴女に人気の城下町」は、地域別に検索することができますので、お城めぐりや観光の際にぜひご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード