歴女に人気の城下町

兵庫県の城下町・出石(豊岡市)

文字サイズ

兵庫県豊岡市にある「出石」(いずし)は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている城下町です。出石川(いずしがわ)沿いの盆地は碁盤目状の町割りをしており、その姿から「但馬[たじま]の小京都」とも呼ばれています。
城下のシンボルは「辰鼓楼」(しんころう)と言う時計台。出石ゆかりの人物には、「沢庵和尚」(たくあんおしょう)、「桂小五郎」(かつらこごろう)などが名を連ね、町の随所で歴史ドラマと出会える歴女の好奇心をくすぐる城下町として知られています。

碁盤目状の町割りに風情が漂う但馬の小京都

「出石」(いずし)のある但馬(たじま)地域を拓いたと言われるのは、「天日槍」(あめのひぼこ)という神様です。この名称は、「古事記」や「日本書紀」にも記されており、現在、天日槍は、城下町北西の山間にある「但馬一の宮」の「出石神社」(いずしじんじゃ)に祀られ、地元の人々からは「一宮さん」(いっきゅうさん)の愛称で親しまれています。

出石神社は、平安時代に編纂(へんさん)された「延喜式」(えんぎしき:法令集)のなかで「伊豆志坐神社八座」(いずしにますじんじゃはちざ)の名で登場しており、出石の歴史において最も古い観光名所です。

最初のお城は山名氏が築いた山城

出石城

出石城

出石に初めてお城が築かれたのは、南北朝時代のこと。

山名宗全」(やまなそうぜん)の祖父で守護大名だった「山名時義」(やまなときよし)が但馬に入り、此隅山(このすみやま)に「此隅山城」(このすみやまじょう)を築城します。

そののち、「応仁の乱」(おうにんのらん)を経て、山名氏(やまなし)は急速に力を失いますが、末裔の「山名堯熙」(やまなあきひろ)が、お城を有子山(ありこやま)の急斜面に移し、「堀切」(ほりきり)と言う空濠をめぐらせました。

この頃、勢力を増した「織田信長」(おだのぶなが)が「羽柴秀吉」(はしばひでよし:のちの豊臣秀吉[とよとみひでよし])に但馬平定を命じており、山名氏が対抗するためには守りの堅い山城が不可欠だったのです。

しかし、その努力は豊臣秀吉軍の2度に亘る攻撃の前に、儚くも打ち砕かれてしまいました。「有子山城」(ありこやまじょう)は落城し、1580年(天正8年)に山名氏は滅亡。有子山城はそのあと、「出石城」(いずしじょう)に改名されて城跡には現在、復元された「西隅櫓」(にしすみやぐら)と「東隅櫓」(ひがしすみやぐら)のみが佇んでいます。

出石城下になされた独特の町割り

有子山の城攻めで陣頭指揮を執ったのは、豊臣秀吉の弟「豊臣秀長」(とよとみひでなが)でした。その戦功により、出石は豊臣秀長の物となり、豊臣秀吉の一族の者が入れ替わりながら城主の座に着いています。

そして、「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)までの約15年間は、ようやく小出氏(こいでし)の治世で落ち着いたかに見えたのですが、合戦を経て江戸幕府が開かれると、出石は岸和田藩(きしわだはん:現在の大阪府岸和田市)の支藩となり、「小出吉英」(こいでよしひで/こいでよしひさ)が城主を務めることになりました。

小出吉英は、三の丸を囲む内堀を造り、そこに谷山川(たにやまがわ)の水を引き込み、その外側には、上級武士の居館と町家を混在させます。そして、それらの家々からなる中心地を形成して、家屋を取り囲む外堀を造りました。

堀の外側には町人町を置き、さらに外側には下級武士の住まいを配置。城下町の造りとして、城下の一番外側に庶民の住む地帯を置くことが主流であった時代に、出石は極めて独特な町割りであったことが分かります。

城下町への進入路を守るのは、高櫓のある寺院。その豪壮な造りからも分かるように、これらのお寺は城下の砦の役割を果たし、塀には弓矢や鉄砲を撃つための穴である「狭間」(さま)が空けられていました。

出石城下には、他にもお寺がたくさんあります。町の東端の「宗鏡寺」(すきょうじ)は、山名氏の加護を受けた、見事な庭のあるお寺としても知られており、山名氏の滅亡後に荒廃したままになっていた宗鏡寺を、再興したのが小出吉英でした。

宗鏡寺庭園

宗鏡寺庭園

そして、小出吉英に再興を促したのが、出石出身であり、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)が帰依した僧の「沢庵」(たくあん)です。

現在の寺は、のちに藩主となった仙石氏によって再度中興(ちゅうこう:衰退したものを再興させること)された物で、沢庵が造ったと言われる「宗鏡寺庭園」や、自筆の板木などが現存。

現代でも地元の人々は、この寺を「沢庵寺」(たくあんでら)と愛称で呼んでいます。

出石焼と蕎麦の文化をもたらした小出氏

小出吉英の没後は、「松平忠周」(まつだいらただちか)が藩主になりますが、約10年で信濃国上田藩(しなののくにうえだはん:現在の長野県上田市)に転封となり、入れ替わる形で上田藩から仙石氏(せんごくし)が出石に入封しました。そして仙石氏は、出石に2つの文化をもたらします。

ひとつは、「出石焼」(いずしやき)と呼ばれる焼き物。出石焼は、「柿谷陶石」と呼ばれる真っ白な原料を使い、硬質で透き通るような白い焼き上がりが特徴の磁器です。この焼き物が作られるようになったのは、1764年(明和元年)頃、仙石氏3代藩主「仙石政辰」(せんごくまさとき)の時代と言われています。

1789年(寛政元年)には、「二八屋珍左右衞門」(にはちやちんざえもん)と言う者が仙石家から旅費を借りて、当時唯一の磁器専売地だった肥前国有田(ひぜんのくにありた:現在の佐賀県西松浦郡有田町)に出向き、製法を学んだ上で陶工を連れ帰りました。

そののち、出石焼は藩窯(はんよう:各藩が直接経営する窯のことで、良質な素材から作られる製品は幕府への献上品にも多く用いられた)となり、出石川などを通じて日本海へ運ばれ、全国各地へ出荷されるようになったのです。

そして、絵付けの技術も導入され、出石焼は広く知られるようになっていきます。全国の陶磁器生産が衰退へと向かう明治時代に入ってからも、出石焼は発展を続けました。さらに、昭和時代になると出石焼の技術は、絶縁体の碍子(がいし:陶磁器製の器具)として花開き、地場産業として出石の町に発展をもたらします。

出石の皿蕎麦

出石の皿蕎麦

仙石氏がもたらしたもうひとつの文化は、「蕎麦」です。約300年前に、信濃国上田から入封した「仙石政明」(せんごくまさあきら)が、蕎麦職人を連れてきたのが始まりでした。

現代でも、出石の城下には40軒以上の蕎麦屋があり、関西の蕎麦処として名を馳せています。

また、明治時代頃から出石の蕎麦は、出石焼の皿に載せて出されるようになり、「出石の皿蕎麦」と言う名称が付けられました。

桂小五郎が荒物屋に!?

桂小五郎

桂小五郎

出石の城下町にゆかりを持つ歴史上の大物はもうひとりいます。

その人物とは、「吉田松陰」(よしだしょういん)に学び、明治維新を率いた「桂小五郎」(かつらこごろう)。のちの「木戸孝允」(きどたかよし)です。

1864年(元治元年)、長州藩(ちょうしゅうはん:現在の山口県)は「禁門の変」(きんもんのへん)で敗れたことで朝敵となり、桂小五郎は出石出身の「広戸甚助」(ひろとじんすけ)に匿われることになります。

のちに広戸甚助の案内によって出石へと逃げ、幕府の追っ手が迫ったときには、城之崎などに身を隠すこともありました。12月からは出石城下の宵田町(よいだまち)で荒物屋に成りすまして、追求の嵐が過ぎ去るのを待ち、その翌年、のちに桂小五郎の夫人となる芸妓の「幾松」(いくまつ)を京都から呼び寄せます。2人にとって、人の出入りが多い出石城下は、恰好の隠れ場所だったのです。

1865年(慶応元年)になると、故郷・長州の情勢が落ち着いたことから、桂小五郎は幾松と広戸甚助を連れて帰郷しました。出石で桂小五郎が身を隠した場所には、現在、記念碑が建てられており、幕末好きな歴女の間では、聖地のひとつとして知られています。

時代から時代へと旅する歴史のなかへ

出石城の城下は碁盤の目に整っているため、初めて訪れる観光客でも迷うことなく楽しむことができ、また、出石シンボルの時計台から聞こえてくる鐘や太鼓の音を聞きながら、城下をぐるりと巡れば、数々の歴史ドラマと出会えます。おすすめの観光スポットを観ていきましょう。

小出氏が山の麓に築いた平城跡

小出吉英が1604年(慶長9年)に築いた出石城跡は、「梯郭式平山城」(ていかくしきひらやまじろ)の跡。1968年(昭和43年)に本丸があった場所に、城下を一望する隅櫓(すみやぐら)が復元され、登城門、登城橋も再建されました。

桜と紅葉の季節には、多くの観光客で賑わう名所としても知られており、1時間ほど登山道を歩けば、有子山(ありこやま)の山頂にあった、中世の城の様子を残した有子山城跡を観ることができます。なお、山城跡をめざす場合は、かなり急な斜面を登る必要があり、ときにはロープを伝う箇所もあるので、ハイキングに自信がある歴女であってもスニーカーの着用は必須です。

出石家老が暮らした別名「左京屋敷」

「出石家老屋敷」は、白い土塀と長屋門が印象的な上級武士の居宅。現在は、資料館として開放され、江戸時代の武具や、大名行列に使われた道具類を展示。

この邸は、江戸時代の3大お家騒動の中心人物となった「仙石左京」(せんごくさきょう)が暮らしていたことから、別名「左京屋敷」とも呼ばれています。

伊藤清永記念館

伊藤清永記念館

外から観える建物は1階建てですが、内部には不意の襲撃に備えた隠し2階があり、その構造は、さながら忍者屋敷だと歴女からも評判。

また、隣接地には出石出身の洋画家「伊藤清永」(いとうきよなが)の作品を展示した「伊藤清永記念館」が設けられています。

散策の疲れを癒やしながら、ゆっくり鑑賞することが可能なため、アートが好きな歴女にもおすすめです。

城下町に時を告げる時計台

辰鼓楼

辰鼓楼

「辰鼓楼」(しんころう)は1871年(明治4年)に、かつての三の丸にあった大手門脇の櫓台に建設された時計台。

1881年(明治14年)に蘭方医「池口忠恕」(いけぐちちゅうじょ)が大時計を寄贈したことから、そのあとは時計台として親しまれ、城下町のシンボルとなりました。

出石明治館

1892年(明治25年)に郡役所として建てられた、擬洋風建築の建物。玄関のコリント式の柱頭や、スカイブルーに塗られた壁面は、日本様式の家屋が多い出石の町並みのなかでも異彩を放っています。

2004年(平成16年)には館内をリニューアルし、「出石磁器トリエンナーレ」の入賞作品の展示室や、レトロな蓄音機、レコード盤を飾った休憩サロンの他、「歴史を彩った出石の人物展」も常設展示されているため、骨董品を観るのが好きな歴女は必見です。

沢庵和尚の庭園が残る由緒ある寺

宗鏡寺 山門

宗鏡寺 山門

宗鏡寺は、南北朝時代の末期に山名氏の菩提寺として創建された古刹(こさつ:由緒ある古い寺)。

山名氏の滅亡後は荒廃し、放置されていたことに心を痛めた沢庵和尚が、藩主の小出吉英に宗鏡寺の再興を薦め、以後は藩主の加護を受けることになりました。

出石で生まれた沢庵和尚は10代で出家し、22歳で京都の大徳寺(だいとくじ)に入りましたが、29歳のときに出世の道が開かれると、野僧に徹したいと退山。

での修行期間を経て48歳になったときに、故郷である出石の宗鏡寺(沢庵寺)に戻ると裏地に「投淵軒」(とうえんけん)という庵を建て、約8年間暮らしたと言われています。

趣ある赤土の土塀が印象的な酒蔵

出石酒造の酒蔵

出石酒造の酒蔵

辰鼓楼から約8分歩いた先には、赤土の土塀が続く一画が出現。

ここは、昔ながらの製法を貫く出石酒造の酒蔵で、地酒「楽々鶴」(ささづる)の他、香り豊かな酒粕などが購入可能。

お酒好きな歴女の多くがお土産を買うために訪れる、古式ゆかしい観光名所です。

豪商の邸で町人の歴史に出会う「出石史料館」

明治時代に生糸を扱った豪商の、数寄屋風建物が町立史料館として公開されています。母屋、離れ、土蔵があり、屋内では馬具や領地目録など、出石藩ゆかりの資料を展示。

展示物のなかには、豊臣秀吉の重臣「仙石秀久」(せんごくひでひさ)が、「小田原の役」(おだわらのえき)の折に豊臣秀吉から手渡しで下賜された金の団扇(うちわ)や、3代出石藩主の仙石政辰が所用したと言われる甲冑などもあるため、出石とゆかりのある戦国武将の史料に興味がある歴女必見の史料館です。

大正時代の芝居小屋を復元「出石永楽館」

出石永楽館は1901年(明治34年)に建設された芝居小屋で、近畿地方に唯一現存する明治時代の芝居小屋です。

独特の赤茶色の土壁と大きな切妻壁、約26mの長い壁面に続いて太鼓楼が設けられている他、回り舞台、奈落、花道など、当時の劇場機構や、舞台衣装、上映記録も保存。但馬の大衆文化の中心として賑わった、明治時代後期から昭和時代前期にかけての雰囲気に浸れます。

一時は老朽化が進んでいましたが、2008年(平成20年)には、最も華やかだった1922年(大正11年)頃の姿で忠実に復元。現在は、各種公演やイベントの会場となり、11月には「永楽館歌舞伎」(えいらくかんかぶき)を開催。建物内部は、常時一般公開されています。

但馬を開拓した神様を祀る出石神社

出石神社

出石神社

出石神社は、創立の年代が明らかではないものの、奈良時代にはすでに山陰地方有数の大社であったと言われる神社です。

但馬一の宮と言われ、祭神は、但馬開発の祖神である天日槍と、「八種の宝物」が祀られています。

神社の由来記には、天日槍が入江湖だった但馬地方の岩戸を切り拓いて、耕地にしたとの記述も見られ、境内の門の脇には出石川改修の際に出土した、平安時代の鳥居の一部を設置。

現在の社殿は、1914年(大正3年)に再建された貴重な建物で、国の重要文化財に指定されている「国光」作の脇差や、条里制(じょうりせい:古代の土地区画法)の古地図などを所蔵しています。日本刀が好きな歴女は、忘れずに参拝しましょう。

但馬を開拓した神様を祀る古寺

「願成寺」(がんじょうじ)は、山名氏が創建したと言われる古刹で、「川崎家」の菩提寺。大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン「新島八重」(にいじまやえ)の、最初の夫となったのが「川崎尚之助」(かわさきしょうのすけ)でした。

近年になるまで川崎尚之助の出自は不明でしたが、2012年(平成24年)に出石藩の出身という説が浮上し、現在、願成寺の前には川崎尚之助の供養塔が建てられています。

兵庫県の城下町・出石(豊岡市)

兵庫県の城下町・出石(豊岡市)をSNSでシェアする

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」近くの生活施設を探す

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」近くの施設情報

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」近くの観光名所

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」近くの飲食店

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」近くのショッピング施設

「兵庫県の城下町・出石(豊岡市)」近くの宿泊施設

兵庫県の刀剣施設情報

兵庫県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 神戸市東灘区
  • 神戸市灘区
  • 神戸市兵庫区
  • 神戸市長田区
  • 神戸市須磨区
  • 神戸市垂水区
  • 神戸市北区
  • 神戸市中央区
  • 神戸市西区
  • 姫路市
  • 尼崎市
  • 明石市
  • 西宮市
  • 洲本市
  • 芦屋市
  • 伊丹市
  • 相生市
  • 豊岡市
  • 加古川市
  • 赤穂市
  • 西脇市
  • 宝塚市
  • 三木市
  • 高砂市
  • 川西市
  • 小野市
  • 三田市
  • 加西市
  • 丹波篠山市
  • 養父市
  • 丹波市
  • 南あわじ市
  • 朝来市
  • 淡路市
  • 宍粟市
  • 加東市
  • たつの市
  • 川辺郡猪名川町
  • 多可郡多可町
  • 加古郡稲美町
  • 加古郡播磨町
  • 神崎郡市川町
  • 神崎郡福崎町
  • 神崎郡神河町
  • 揖保郡太子町
  • 赤穂郡上郡町
  • 佐用郡佐用町
  • 美方郡香美町
  • 美方郡新温泉町
すべてを見る

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「歴女に人気の城下町」です。城下町は、お城と共に栄えた町並みを、食事や買い物と合わせて楽しめる観光地として知られています。「歴女に人気の城下町」は、地域別に検索することができますので、お城めぐりや観光の際にぜひご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード