歴女に人気の城下町

滋賀県の城下町・彦根(彦根市)

文字サイズ

滋賀県彦根市にある彦根は、井伊家30万石を誇る城下町。江戸時代初期、全国から町づくりのお手本とされ、たいへんな賑わいを見せました。
太平洋戦争での空襲がほとんどなかったため、今もなお、町の中心には国宝「彦根城」(ひこねじょう:別名・金亀城[こんきじょう])がそびえ、周辺には美しい武家屋敷など、往時の面影が色濃く残っています。食べ歩きグルメやお土産屋さんも充実。歴女の散歩にふさわしい、彦根の城下町をご紹介します。

初代藩主・井伊直政の遺志による築城プロジェクト

井伊直政

井伊直政

井伊直政」(いいなおまさ)は、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)で、名将「島津家久」(しまづいえひさ)の息子「島津豊久」(しまづとよひさ)を討ち取り、武功を上げた人物です。

1601年(慶長6年)に「徳川家康」(とくがわいえやす)から、褒美として近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)「佐和山城」(さわやまじょう)、18万石を与えられ、佐和山藩を立藩しました。

この佐和山城は、歴女にも人気が高い、敗軍の将「石田三成」(いしだみつなり)が居城としていたお城です。「石田三成に過ぎたるものが2つあり。島の左近に佐和山の城」とかつて謳われたほど、美しい名城と言われていました。その佐和山城に、徳川四天王の筆頭である井伊直政が入城するということは、天下に「徳川の世」の始まりを知らしめる、象徴的なできごととして、人々の注目を集めたのです。

しかし、井伊直政は石田三成が居城したこの佐和山城を嫌い、新城の建設を希望します。すると江戸幕府は、それをあっさりと許可。井伊直政に、新たに30万石を与え、金亀山に「彦根城」(ひこねじょう:別名・金亀城[こんきじょう])の築城を命じたのです。この厚遇は、佐和山城のイメージが石田三成と残っているのをこの世から抹消したいという、江戸幕府の思惑と合致したためと言われています。

こうして、彦根藩が立藩され、佐和山藩は廃藩となりました。ところが、初代藩主の井伊直政は、関ヶ原の戦いで島津豊久を討ち取るときに受けた銃撃の傷が原因となり、1602年(慶長7年)に死去してしまうのです。これが、石田三成の呪いではないかと噂され、佐和山城は、跡形もなく破城(はじょう:城を破壊し廃城とすること)されました。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

江戸時代に城下町のお手本となった彦根城下町

井伊直政の死去により、跡を引き継ぐことになったのは、わずか14歳の長男「井伊直継」(いいなおつぐ)です。彦根城の築城という一大事業をサポートしたのは、築城の名手として知られ、のちに「井伊家」(いいけ)の家老を務めた「木俣守勝」(きまたもりかつ)でした。

江戸幕府が開かれると、日本は築城と城下町の開発ラッシュを迎えますが、木俣守勝はその先鞭(せんべん:他に先んじて着手する)を切って、城下町のお手本となる彦根城と彦根城下町を作り上げた人物。

例えば、城下町の中心に城を置き、身分の高い武士を集めた武家屋敷町をお城の近隣に配した「町割り」は、そのあとに造られた全国の城下町でも採用されています。

敵の侵攻に備えて行く手を阻む折曲がった丁字路を採用したり、町人町を城下の外縁部に配したり、寺院を集めて寺町を設けていることなども、のちの城下町づくりの定石となっているのです。

約3年後に彦根城の天守は竣工を迎えますが、城郭全体が完成したのは、なんと20年後のことでした。琵琶湖に面した細長い土地に築かれた彦根城は、琵琶湖の水を引き込んだ堀によって三方を囲まれています。彦根城や、あとに造られた大名庭園「玄宮園」(げんきゅうえん)は、琵琶湖の入江に面した風光明媚なロケーション。

また古来、京の都に続く東入口として、東山道(のちの中山道)と北陸道(のちの北国街道)を結ぶ交通の要衝として栄えた歴史が、今なお彦根城下のあらゆる場所に刻まれています。彦根は、それらの遺構を探し当てる感動に満ちた歴史街道です。

なお、2代藩主の井伊直継は病弱で、1614年(慶長19年)の「大坂夏の陣」に出陣することができませんでした。そこで、幕府は井伊直継が2代藩主という履歴を削除し、井伊直継の弟「井伊直孝」(いいなおたか)を2代藩主に座らせます。井伊直孝は、兄の代理として大坂夏の陣に出陣し、手柄を立てました。

初代藩主の井伊直政は、徳川四天王の筆頭

彦根藩の藩主を代々務めた井伊家は、元来、遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県浜松市)の井伊谷(いいのや)を治めた武家でした。しかし、初代彦根藩主の井伊直政の父「井伊直親」(いいなおちか)は、今川氏(いまがわし)から謀反の疑いをかけられて殺害されたため、6歳だった井伊直政は、寺に匿われて育ったのです。

15歳のときに徳川家康に取り立てられ、数々の戦(いくさ)で活躍。さらに政務を司る能力も発揮したことから、徳川家康に厚く信頼されるようになりました。特に、交渉力、調整力には目を見張るものがあったと言われ、徳川の重臣として、みるみるうちに出世。江戸時代初期に作成された大名系図「寛永諸家系図伝」(かんえいしょかけいずでん)では、井伊直政を「開国の元勲」(かいこくのげんくん)と評し、讃えています。

また、1632年(寛永9年)には、死の床にあった2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)が、当時の彦根藩主であった井伊直孝を枕元に呼び、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)の後見役を頼みました。当時はまだ、「大老」(たいろう:将軍の補佐役、大名家・執政の最高責任者)という役職はなく、これが大老の起源となったと考えられているのです。

3代将軍の徳川家光の頃は、江戸幕府が法による社会秩序を整えようとしていた時代。井伊直孝は将軍の意を受けて、末期養子(まつごようし:跡継ぎのいない者が急病や事故で突然の死に瀕した場合、家の断絶を回避するための緊急避難措置として養子縁組をすること)の禁の緩和、大陸の「清」(しん)に滅ぼされた「明」(みん)からの出兵要請の拒否、殉死の禁止など、重要な決定において采配(さいはい)を揮っています。

この井伊家に与えられた役割は、3代藩主「井伊直澄」(いいなおずみ)にも受け継がれ、4代藩主「井伊直興」(いいなおおき)は、役割を整理したうえで大老の地位に就いたのです。彦根藩は、この井伊直興を含めて5人の大老を輩出。井伊家の歩みは、江戸時代を通じて幕府から最も信頼された武家のひとつであったことを物語っています。

名君・井伊直弼を生んだ彦根の叡智を辿る

井伊直弼

井伊直弼

歴女のみなさんが、江戸幕府の大老を務めた彦根藩主で最も有名な人はと聞かれたら、誰を挙げるでしょうか。

きっと、「桜田門外の変」(さくらだもんがいのへん)に散った「井伊直弼」(いいなおすけ)だと思います。

井伊直弼は、「本能寺の変」(ほんのうじのへん)の「明智光秀」(あけちみつひで)や、「忠臣蔵」(ちゅうしんぐら)の「吉良上野介」(きらこうずけのすけ)と並んで、歴史的に評価が分かれる人物です。

井伊直弼は、歴史小説や時代劇などにも度々登場しますが、頭の良い好人物として設定される場合もあれば、幕府におもねる極悪人として描かれることも多く、そのキャラクターは歴史通な歴女の間でも、評価が分かれるところでしょう。NHKの第1回大河ドラマ「花の生涯」(はなのしょうがい)は、井伊直弼の一生を描いた物でした。

井伊直弼の仕事として広く知られ、日本国の歩みに大きな影響を与えたのは、アメリカ合衆国との間で取り交わした「日米修好通商条約」(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)の締結。この条約を巡っては、国論を二分するほどの対立をもたらしたのですから、井伊直弼に対する評価が分かれてしまうのは仕方のないことかもしれません。しかし、同時にそれだけの影響力を持つ大人物だったことも確かです。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣をご紹介!

藩主の座とは無縁だった井伊直弼の青春時代

井伊直弼は、井伊家11代「井伊直中」(いいなおなか)の14男として生まれました。家を継ぐ可能性が極めて低い立場にあり、17歳になると、自ら「埋木舎」(うもれぎのや)と名付けた屋敷に移り住み、文武の研鑽(けんさん)に勤しむ暮らしを始めています。そして、禅、茶の湯、国学などの修行に没頭したそうです。

井伊家には、2代・井伊直孝以来、家督を継がない子どもは他家へ養子に出すか、家臣以下に扱うとの決まりごとが家風として受け継がれていました。茶の湯で「石州流」(せきしゅうりゅう)という一派を創設した井伊直弼が大切にした精神は、「一期一会」(いちごいちえ)。同じ人と嗜む茶の湯であっても、今日この時は一生に一度の機会であると、真摯(しんし)に向き合うことを大切にしたのです。

そんな井伊直弼が家督を継ぐことになったのは、32歳のとき。藩主の座に着いていた兄が死去したことから、井伊直弼に藩主の座が回ってきました。恐らく、一番驚いたのは、井伊直弼本人だったに違いありません。見習いの大名として江戸に移った井伊直弼でしたが、そのわずか3年後には日本を揺るがす一大事が起こりました。

1853年(嘉永6年)、江戸湾の浦賀沖に、アメリカのペリーが率いる黒船が現れたのです。譜代大名でもあった井伊直弼は、江戸幕府の対応について進言を続けましたが、その外交問題に加えて、将軍の跡継ぎ問題が浮上し、国内政治も右往左往し始めました。

13代将軍「徳川家定」(とくがわいえさだ)は、井伊直弼を大老に取り立てて難局の打開に当たらせましたが、1860年(安政7年)、対立する水戸藩薩摩藩の浪士達によって、井伊直弼は桜田門外で暗殺されてしまうのです。

彦根城下町のおすすめスポット

築城から400年を超えた、国宝・彦根城と歴史が色濃く残る城下町をご紹介します。

国宝・彦根城

彦根城

彦根城

近世に建てられた城郭で天守が残っているのは、全国で12ヵ所。

その内、国宝に指定されているのは5ヵ所のみで、彦根城はそのひとつです。

歴女におすすめしたいのは、破風(はふ:屋根側面の形状)に切妻(きりつま)、入母屋(いりもや)、唐風(からふう)を採り入れた天守閣。観る角度によってまったく異なる表情を見せてくれます。

10mを超える石垣に立つ西の丸三重櫓(さんじゅうやぐら)、廊下橋を中心に左右対称に建てられた優美な天秤櫓(てんびんやぐら)の他、元禄時代に建てられた馬屋など、城郭内の見所も盛りだくさん。屋形船でのんびりとお堀をひと巡りする「彦根城屋形船」も運行しています。

彦根市の人気マスコット「ひこにゃん」にも会える場所。1日3回、パフォーマンスを行なっているので、ホームページでスケジュールを要チェック。

刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

彦根城博物館

彦根城博物館

彦根城博物館

彦根城博物館」は、代々、彦根藩主を勤めた井伊家に伝わる美術工芸品や古文書など約45,000点に加え、彦根の城下町や彦根藩に関する資料を所蔵。

常設展「ほんものとの出会い」では、井伊家伝来の大名道具を中心に、貴重な展示品が「武家の備え」、「幽玄の美」、「数寄の世界」、「雅楽の伝統」、「風雅のたしなみ」、「古文書の語る世界」の6つのテーマに分けて紹介されています。

圧巻なのは「井伊の赤備え」と呼ばれた甲冑の展示コーナーです。全身に赤い武具をまとった井伊の赤備えは、徳川軍の精鋭部隊としてその名を轟かせたと言います。この部隊が成立したのは、1582年(天正10年)の武田氏(たけだし)が滅亡した年。

このとき、徳川家康は武田の旧臣達を集めて徳川の部隊へ再編するよう井伊直政に命じました。赤備えの部隊は、期待通りの活躍を見せ、徳川家康の天下統一を支えたのです。力強い赤で統一された甲冑やは、とても迫力があり、歴女必見です。

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

玄宮園

玄宮園

玄宮園

玄宮園は、4代彦根藩主の井伊直興が、1677年(延宝5年)に造営した大名庭園。

琵琶湖や中国の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)にちなんで選ばれた、近江八景(おうみはっけい)を模しています。

彦根城の天守が借景となっているこの庭園では、毎年9~10月頃の土日祝日と紅葉の季節にはライトアップが楽しめます。

埋木舎

埋木舎は、井伊直弼が17~32歳までの15年間を過ごした屋敷。埋木舎の名前は、井伊直弼が自ら名付けたもので、武家の世界とは一線を画し、ここで学問と茶の湯に没頭しました。

なかでも茶の湯においては「石州流」(せきしゅうりゅう)を極め、「茶湯一会集」(ちゃのゆいちえしゅう)という書物にまとめています。さらに、国学の研究にも熱心に取り組み、国学者の「長野主膳」(ながのしゅぜん)に師事しました。

龍潭寺

龍潭寺

龍潭寺

龍潭寺」(りょうたんじ)は、1601年(慶長6年)に井伊家の発祥の地である遠江にある同名の寺から分寺し、初代彦根藩主の井伊直政によって建立された寺。

ここは禅僧の専門道場となり、造園を学ぶ多くの僧を輩出しました。

禅宗において造園は、修行のひとつと考えられており、この龍潭寺は日本の造園学発祥地とされています。

白砂に48の石を組んだ南庭の枯山水は、観音菩薩がいたと伝わる「補陀洛山」(ふだらくさん)にちなんで「ふだらくの庭」と呼ばれ、東庭にある蓬莱山の山水を模した「池泉鑑賞式庭園」(ちせんかんしょうしきていえん)と好対照をなしています。また、本堂には大きな達磨(だるま)が鎮座していることから、別名「だるま寺」。

本堂では、「蕉門十哲」(しょうもんじってつ:松尾芭蕉[まつおばしょう]の高弟10人)に名を連ね、松尾芭蕉に絵の手ほどきをした「森川居六」(もりかわきょろく)の襖絵も観ることができ、歴女におすすめです。

夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

「夢京橋キャッスルロード」は、彦根城のお堀にかかる京橋から、真っ直ぐに続く道路沿いのお店一帯。

江戸時代の建物、風景を再現することをコンセプトとして、1999年(平成11年)に完成しました。

和蝋燭などの雑貨から、たこ焼きや近江牛コロッケなどのお店が充実して賑わっており、歴女ならずとも楽しめてしまうはずです。

彦根城/彦根城博物館の紹介動画

彦根城/彦根城博物館

滋賀県の城下町・彦根(彦根市)

滋賀県の城下町・彦根(彦根市)をSNSでシェアする

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」近くの生活施設を探す

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」近くの施設情報

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」近くの観光名所

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」近くの飲食店

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」近くのショッピング施設

「滋賀県の城下町・彦根(彦根市)」近くの宿泊施設

滋賀県の刀剣施設情報

滋賀県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 大津市
  • 彦根市
  • 長浜市
  • 近江八幡市
  • 草津市
  • 守山市
  • 栗東市
  • 甲賀市
  • 野洲市
  • 湖南市
  • 高島市
  • 東近江市
  • 米原市
  • 蒲生郡日野町
  • 蒲生郡竜王町
  • 愛知郡愛荘町
  • 犬上郡豊郷町
  • 犬上郡甲良町
  • 犬上郡多賀町
すべてを見る

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「歴女に人気の城下町」です。城下町は、お城と共に栄えた町並みを、食事や買い物と合わせて楽しめる観光地として知られています。「歴女に人気の城下町」は、地域別に検索することができますので、お城めぐりや観光の際にぜひご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード