歴女に人気の城下町

山口県の城下町・萩(萩市)

文字サイズ

現在の山口県にあった「長州藩」(ちょうしゅうはん)は、長門国(ながとのくに:現在の山口県西半分)の萩にあったことから、「萩藩」(はぎはん)、また山口に移転したことから「山口藩」(やまぐちはん)などとも呼ばれます。
萩の城下町で生まれた偉人は、「吉田松陰」(よしだしょういん)や「高杉晋作」(たかすぎしんさく)、「伊藤博文」(いとうひろぶみ)など多数。吉田松陰が教鞭を振るった「松下村塾」(しょうかそんじゅく)や「毛利綱元」(もうりつなもと)が築いた藩校「明倫館」(めいりんかん)がある萩は、今でも古地図通りに歩ける、風情あふれる城下町です。
あの武将が始めた「萩焼」(はぎやき)や特産「夏みかん」のスウィーツなど、歴女必見の情報をご紹介します。

海と2本の川に守られた難攻不落の城郭都市

山口県南部に源を発する「阿武川」(あぶがわ)は、途中で「松本川」と「橋下川」に分かれ、日本海に注ぎ込んでいます。

城下町のは、この2本の支流が運ぶ土砂によってつくられた三角州の上。2本の川と海が自然のとなり、城下町そのものが城郭(じょうかく)の一部になっているかのようです。

お城づくりと同時に進められた町割りによって、「萩城」(はぎじょう)の南に造られたお堀の内側は道路となり、整然と区割りされています。そして、そのお堀によって区切られた外側についても几帳面なまでに区割りされている点が特徴的。

現代に残る萩の商人町

現代に残る萩の商人町

さらに、萩では現在でも江戸時代の地図が使えるほど、城下町の道や区画が変わっていません。

武家屋敷が並ぶエリア、商人町として栄えたエリアの保存状態もよく、往時の様子そのままです。

なぜ、城下町の萩は、近代化や都市化を免れることができたのでしょうか。

江戸時代後期の萩には3万人の人々が住んでいましたが、幕末になって藩庁が山口に移されると、当時の主だった武士や商人達は山口へ移住しました。

このことから、歴女のファンが多い「長州藩」(ちょうしゅうはん)は、萩時代を「萩藩」(はぎはん)、山口移住からは「山口藩」(やまぐちはん)、または「毛利藩」(もうりはん)と呼ぶこともあります。

さらに、明治新政府が発足すると、多くの長州藩士が政府の要職に就きました。すると、長州の人々もまた職を求めて萩から上京したと言います。大正時代には、山陰本線が開通しますが、萩駅は町の中心から離れた場所につくられ、城下町は都市化しませんでした。そのため、今日の私達に昔ながらの姿を伝えてくれているのです。

江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

長州藩の歴代藩主とは

毛利輝元

毛利輝元

長州藩の藩祖は、「毛利輝元」(もうりてるもと)です。

豊臣秀吉」(とよとみひでよし)が君臨していた時代には、中国地方のほとんどを領有し、五大老のひとりとして活躍しました。

祖父は、3本の矢のエピソードで知られる「毛利元就」(もうりもとなり)で、「毛利家」(もうりけ)は室町時代にまで歴史を遡ることができる名門でした。

しかし、毛利輝元は「関ヶ原の戦い」(せきがはらのたたかい)に敗れたことで、「徳川家康」(とくがわいえやす)によって領地を周防国(すおうのくに:現在の山口県東南半分)・長門国(ながとのくに:現在の山口県西半分)の2ヵ所のみに減らされてしまいます。

その長門国の中心にあるのが萩の町。藩の拠点を決めるにあたり、毛利輝元は徳川家康に3ヵ所の候補地を挙げて打診しなければなりませんでした。そこで、徳川家康は萩を選んだのです。これは、萩が最も辺鄙(へんぴ)な場所にあったからだと言われていますが、徳川家康が毛利家を警戒していたことの現れでもあります。

萩城跡と指月山

萩城跡と指月山

外様大名の地位に甘んじることになった毛利輝元は、萩の指月山(しづきやま)に萩城を築き、隠居生活に入ります。

家督は子ども達に譲ったものの、その裏で実権を握っていたのはもちろん毛利輝元でした。

萩藩は、関ヶ原の戦いの負け組となって多くの領地を失ったため、最初から財政がひっ迫していました。

なお、萩の名産として歴女に人気の高い陶器「萩焼」(はぎやき)は、1604年(慶長9年)に、毛利輝元の命によって始められたと言われています。やわらかい風合いの萩焼は、江戸時代初期には名物として広く知られていたとのこと。毛利輝元は、長州藩の領地から長門国や周防国などを息子達に分け与え、彼らに統治の下地を築かせて、毛利家による治世を盤石なものとしました。

毛利輝元が1625年(寛永2年)に亡くなると、その跡を継いだのは、毛利輝元の嫡男「毛利秀就」(もうりひでなり)です。毛利秀就は、実質的な長州藩初代藩主。1643年(寛永20年)に新たな年貢制度を決めたあと、嫡男「毛利綱広」(もうりつなひろ)に藩主の座を譲ります。

1660年(万治3年)、2代藩主の毛利綱広は、毛利元就以来の法令を踏襲した「万治制法」(まんじせいほう)を制定し、ようやく藩の体制を確立します。万治制法とは、長州藩の憲法とも言われる決めごとで、家臣が守らなければならない基本が記されていました。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 戦国大名の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

文武の奨励

3代藩主「毛利吉就」(もうりよしなり)、4代藩主「毛利吉弘」(もうりよしひろ)が短命に終わったのち、分家から本家を継ぐ形で長州藩5代藩主の座に就いたのが長府藩主だった「毛利綱元」(もうりつなもと)です。

明倫館 正門

明倫館 正門

毛利綱元は、幕末の長州藩の活躍につながる人づくりに尽力しました。

まずは毛利元就の偉業をまとめた歴史書を編纂させ、当時はまだ珍しかった藩校「明倫館」(めいりんかん)を創設。

文武の奨励に熱心に取り組みます。毛利綱元の施策は、城下の武士達の精神的な絆を強めるうえで重要な働きをしました。

7代藩主「毛利重就」(もうりしげなり)も、毛利綱元の取り組みを受け継ぎ、長州藩としては2度目となる検地を行なって、わずかですが藩の収入をアップさせます。この増収分は、「撫育方」(ぶいくがた)という藩士の精鋭チーム構築の原資に充てられました。

撫育方の藩士達は知恵を絞り、塩田や新田の開発を進めたり、港湾を利用した増収策を発案したりしています。彼らがもたらした利益は、のちに幕末の「尊皇攘夷」(そんのうじょうい)をめぐる戦いにおける軍資金としても活用されることになりました。

幕末へ

藩政を大きく改革したのは、13代藩主の「毛利敬親」(もうりたかちか)です。当時は、大規模な「天保一揆」(てんぽういっき)が起こったばかりで、その収拾が急務となっていました。

毛利敬親は、財政に明るい「村田清風」(むらたせいふう)を抜擢し、藩の殖産興業を推進。藍の販売における藩の統制を廃止し、綿や綿織物の自由販売を認めるなど、次々に規制緩和策を打ち出します。同時に、下関に物産総会所を設置し、全国各地から寄港した船の積み荷の売買を仲介したり、積み荷を担保にお金を貸し付ける金融も始めたりしました。

こうしたスピーディーな大変革には反発も多く、村田清風は藩の守旧派(しゅきゅうは:改革の動きに対し、現状維持を望む勢力)と対立して辞職に追い込まれますが、改革の志は後進の「周布政之助」(すふまさのすけ)らによってさらに推進されます。

吉田松陰

吉田松陰

村田清風の志を受け継いだ周布政之助は、有能な下級武士を洋学や洋式兵器の専門家へと育てようとしました。

「吉田松陰」(よしだしょういん)の「松下村塾」(しょうかそんじゅく)が萩城下に開設されたのもこの時期です。

そして、新たな時代の到来を見越した藩主の毛利敬親も尊皇攘夷を決意したのは、1863年(文久3年)のことです。毛利敬親は、藩政の本拠地を山口に移しました。

しかし、その翌年にはアメリカ、フランスと対峙した「下関戦争」(しものせきせんそう)に敗北。これに危機感を覚えた毛利敬親は、「高杉晋作」(たかすぎしんさく)に「奇兵隊」(きへいたい)の創設を命じました。

京都でも、長州藩の尊王攘夷派は存在感を増し始めますが、「禁門の変」(きんもんのへん)で敗退。長州征伐に乗り出した幕府との協調をめざすことになり、禁門の変の責任を取って、家老達は切腹を余儀なくされ、毛利敬親は官位と称号を奪われてしまいます。

その動きが高杉晋作らに兵を挙げるきっかけとなりました。時代は一気に倒幕へと流れ始めます。1867年(慶応3年)、「王政復古の大号令」(おうせいふっこのだいごうれい)の直前に、毛利敬親は許されて官位を回復し、「鳥羽・伏見の戦い」(とばふしみのたたかい)における勝利へと突き進んでいきました。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

幕末の名士を生んだ城下町を歩く

海に突き出た標高143mの小さな山の上に、かつて萩城の「詰城」(つめしろ)が築かれていました。歴女に知っておいて欲しい、この詰城とは、有事の際には最後の砦となる拠点のこと。萩城の建物は取り壊されてしまいましたが、現在は山頂に続く登山道が整備されており、徒歩30分ほどで登ることが可能。

長年、城内林として保護されていたので、樹齢600年を越える巨木も多くみられ、「温暖照葉樹林」(おんだんしょうようじゅりん)としても希少性の高い森林であるため、国の天然記念物に指定されています。

また萩城本丸跡は、「萩城跡指月公園」(はぎじょうあとしづきこうえん)として親しまれています。「天守閣跡」、「梨羽家茶室」(なしばけちゃしつ)、「旧福原家書院」(きゅうふくはらけしょいん)、「万歳橋」(ばんせいばし)、「東園」(とうえん)などの旧跡を含め、萩城の城下町の見所をご紹介します。

天守閣跡

萩城 天守閣跡

萩城 天守閣跡

桃山時代初期の様式を踏襲して建てられていた萩城の天守閣。

現在は、礎石と台座が残るだけですが、内堀に沿って造られた土塁や、武者走り、矢倉台座跡が往時の姿を伝えています。

現地では、VR(バーチャルリアリティ)技術により萩城の在りし日の姿を観ることもできるので、ぜひご活用を。

花江茶亭

花江茶亭

花江茶亭

「花江茶亭」(はなのえちゃてい)は、木造入母屋造茅葺(もくぞういりもやづくりかやぶき)が特徴。

旧三の丸にあった13代藩主の毛利敬親の別邸である花江御殿(はなのえごてん)内にありました。

毛利敬親と家臣は、ここで膝を突き合わせ、茶を嗜みながら倒幕の密議を交わしたと言われています。

梨羽家茶室

花江茶亭の隣には、毛利家の重臣だった「梨羽家」(なしわけ)の別邸茶室が移築されています。花江茶亭とは趣が異なり、こちらは正式な座敷を備えた格式ある茶室です。屋根は瓦葺きの入母屋造。年末に萩城の大掃除が始まると、藩主は城を出てこの茶室で過ごすことがあったことから、「煤[すす]払いの茶室」とも呼ばれています。

東園

東園は、二の丸内にあった回遊式の庭園。6代藩主「毛利宗広」(もうりむねひろ)の頃に造られ、7代藩主の毛利重就は、庭園内の各所に「六景二十勝」の名前を付けて親しみました。5月には、見事なツツジが花を咲かせるので、歴女は必見です。

万歳橋

万歳橋

万歳橋

万歳橋は、かつて藩校の明倫館にあった橋を指月公園内にある「志都岐山神社」(しづきやまじんじゃ)の池に移築した物。

長さ約4m、幅約3mあり、花崗岩(かこうがん)で造られた太鼓橋です。

高欄柱には、中国風のデザインが施されています。

堀内地区重要伝統的建造物群保存地区

毛利輝元によって建てられた萩城の三の丸周辺は、堀に囲まれていたことから「堀内」(ほりうち)と呼ばれました。ここには、主だった藩の役所や、上級武士の屋敷が軒を連ね、今なお往時の姿が残されています。

萩で最大級の武家屋敷だった「厚狭毛利家」(あさもうりけ)の長屋も残されており、入母屋造の大きな建物や畳廊下が往時の威厳を物語っています。

また、この界隈では、夏みかんの木もよく見かけます。夏みかんの栽培が広まったのは、1876年(明治9年)。長州藩士だった「小幡高政」(おばたたかまさ)が、明治維新により、職を失った士族を救うために始めたと言われています。この夏みかん作りは功を奏し、1887年(明治20年)には萩の特産物に成長しました。

今では、夏みかんはもちろん、夏みかんを使ったデザートなど種類も豊富です。特に、歴女におすすめなのは、光國本店の「夏蜜柑丸漬」(なつみかんまるづけ)。

夏みかんを丸ごと使い、中には白ようかんが入った、上品な味わい。毎年5月には「萩・夏みかんまつり」が開催され賑わっています。

平安古地区伝統的建造物群保存地区

平安古鍵曲

平安古鍵曲

外堀に沿って発展したもうひとつの武家の町「平安古」(ひやこ)は、武士が屋敷を構えたもうひとつのエリアです。

橋下川に沿って江戸時代のままの姿を残した長屋や土蔵が残り、「鍵曲」(かいまがり:鍵の手[直角]に曲がった道筋のこと)と呼ばれる町割りでは、道の左右を高い土塀で囲み、屋敷を守る役割を果たしていました。

夏みかんが実る頃には、黄土色の土壁の向こうから黄色の実が顔をのぞかせて、萩情緒たっぷりの景観がつくられます。

萩城下の学舎と偉人の足跡を訪ねる

萩を訪れたら、やはり幕末に活躍した偉人達の足跡にも触れておきたいところです。萩の城下町を少し東に出て、吉田松陰ゆかりの松下村塾や「伊藤博文旧宅」(いとうひろぶみきゅうたく)などを巡ってみましょう。

松下村塾

松下村塾

松下村塾

松下村塾とは、幕末に吉田松陰が主宰した私塾。

建物は50平方メートルほどの小規模な物で、その質素さに驚く歴女も多いようです。

身分や階級にとらわれず塾生を迎え入れた吉田松陰の一途な人柄が偲ばれます。

ここで学んだ高杉晋作、「伊藤博文」(いとうひろぶみ)、「山形有朋」(やまがたありとも)らは明治維新をリードし、日本の歴史に名を刻みました。

松下村塾は、2015年(平成27年)に、「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産にも登録されています。

伊藤博文旧宅・別邸

伊藤博文旧宅

伊藤博文旧宅

日本の初代総理大臣を務めた伊藤博文が20代後半までを過ごした家屋と、総理大臣を終え、枢密院(すうみついん)議長を務めていた頃に建てた別邸が並んでいます。

別邸は、東京都から移築した物で、車寄せのある玄関や西洋館、書院、離れ座敷などを設えた豪壮な物。

伊藤博文の目覚ましい立身出世が手に取るように伝わってきます。

旧藩校 明倫館

長州藩は、教育熱心な藩でもありました。5代藩主「毛利吉元」(もうりよしもと)が創設した藩校の明倫館は、当初三の丸にありましたが、130年後に現在地に移転しています。

約5万平方メートルの敷地には初等・高等教育のための施設や幼い子が学んだ小学学舎、体を鍛え武芸を学ぶための武芸修練場や水練池などが設置されていました。吉田松陰も教鞭を執った学舎が現在まで残っていることに、驚かされる歴女も多いはずです。

山口県の城下町・萩(萩市)

山口県の城下町・萩(萩市)をSNSでシェアする

loading...

山口県の刀剣施設情報

山口県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 下関市
  • 宇部市
  • 山口市
  • 萩市
  • 防府市
  • 下松市
  • 岩国市
  • 光市
  • 長門市
  • 柳井市
  • 美祢市
  • 周南市
  • 山陽小野田市
  • 大島郡周防大島町
  • 玖珂郡和木町
  • 熊毛郡上関町
  • 熊毛郡田布施町
  • 熊毛郡平生町
  • 阿武郡阿武町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「歴女に人気の城下町」です。城下町は、お城と共に栄えた町並みを、食事や買い物と合わせて楽しめる観光地として知られています。「歴女に人気の城下町」は、地域別に検索することができますので、お城めぐりや観光の際にぜひご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード