松前城 松前城
松前城
「松前城」は、北海道に唯一ある日本最北の城。北海道南西部の渡島半島(おしまはんとう)松前町にありますが、その土地を「福山台地」と呼ぶことから「福山城」とも言われています。前身となる「福山館」(ふくやまだて)を江戸時代末期に改修・補強され、日本最後期に完成した日本式城郭。ここで展示されているのは、松前藩士由来の刀剣です。松前城の築城にちなんだ歴史や、松前藩について詳しくご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

松前城の歴史

北海道松前郡にある「松前城」の歴史について、ご紹介します。

松前城のあゆみ

「松前城」が完成したのは、1854年(安政元年)です。13代松前藩主「松前崇広」(まつまえたかひろ)が、1849年(嘉永2年)に城主大名に格上げされ、築城を許可されました。

実は城の築城がほぼ禁止されていた時代。この異例の決定には理由があったのです。

1639年(寛永16年)以来、鎖国をしていた江戸幕府ですが、1844年(弘化元年)には、オランダ王が開国を勧告。アメリカ使節やロシア使節も通商を要求し来航していたのです。幕府は早急に、北辺の警備や海防を厳重にする必要がありました。

本来、幕府は函館あたりに築城したいと考えていましたが、松前に築城したのは、この土地には元々松前藩の居館「福山館」があったためです。設計は当時の三大兵学者、高崎藩の「市川一学」(いちかわいちがく)が行ないました。

面積は7万7,800平方メートル。本丸、二の丸、三の丸、楼櫓(やぐら)6件、城門16件、砲台7座と言う、立派なお城でした。

土方歳三

土方歳三

しかし、1868年(慶應4年)におきた「戊辰戦争」において、「榎本武揚」(えのもとたけあき)軍で新撰組「鬼の副長」と呼ばれた「土方歳三」(ひじかたとしぞう)が率いる700兵を前に、松前城はあっさり攻め落とされてしまうのです。

そのあと、土方歳三は討死し、榎本軍は降伏しますが、1871年(明治4年)の「廃藩置県」により、松前城は明治政府のものになります。

1873年(明治6年)廃城令が出されると、松前城も1875年(明治8年)に一部(天守、本丸御門、本丸御門東塀、本丸表御殿)を残して取り壊されました。そのようなことになった松前城ですが、さらに1949年(昭和24年)に火災にあい、天守、本丸御門東塀を焼失。

現在観られる天守は、1961年(昭和36年)に鉄筋コンクリート造で復興された建物です。なお、焼失を免れた本丸御門は、現在、重要文化財に指定されています。

また、本丸表御殿は、1900年(明治33年)に解体され、一部古材が保管されています。

松前城由縁の刀剣・甲冑

豊臣秀吉

豊臣秀吉

松前城天守内は、「松前城資料館」になっています。

松前藩初代藩主の「松前慶廣」(まつまえよしひろ)は、若狭武田家の血を引き「蠣崎季繁」(かきざきすえしげ)の娘婿となった「武田/蠣崎信廣」を祖先に持つ家柄でした。

武田/蠣崎信廣は1457年(長禄元年)に起きた「コシャマインの戦い」で武功を挙げ、豊臣秀吉に謁見。豊臣秀吉亡きあと、武田/蠣崎慶廣の時代に「徳川家康」に接近し、「松前」姓を名乗ったと言われています。

1階は、そのような松前藩に関する資料が展示され、松前町が所蔵する刀剣も展示されています。見逃せないのが、松前藩・家老職を務めた藤倉家に伝わる「則長」。

則長とは、大和伝(やまとでん)の尻懸派(しっかけは)始祖則長のことで、鎌倉時代後期から室町時代にかけ、何代にも襲名された名前です。

この刀剣は、応永年間(1394~1428年)に作刀されたもの。鋒/切先(きっさき)の大きい力強い姿で、刃文は直刃(すぐは)。刀身には梵字と草の倶利伽羅も刻まれ、家老が持つのにふさわしい逸品です。

この他、松前町では「箱館戦争」時の松前藩四番隊隊長「佐藤男破魔唯則」(さとうおはまただのり)の「佐藤家」に伝わる「備前長船清光」(びぜんおさぶねきよみつ)や、松前城下で制作された薙刀「平安城住堀井正次」(へいあんじょうじゅうほりいまさつぐ)などの刀剣を所蔵。

北海道における刀剣の制作例は極めて珍しいと言われており、この薙刀は、北海道の美術工芸史においても貴重な1振であると言えるのです。

こうした刀剣の他にも、松前藩主が着用した家紋入りの甲冑や松前藩に繁栄をもたらせた「北前船」の絵馬などが展示されています。

松前城写真一覧

 をクリックすると、拡大して写真がご覧頂けます。

北海道松前郡に松前城があります。
北海道松前郡に松前城があります。
松前城の資料館の入口です。
松前城の資料館の入口です。
松前城入口に石碑があります。
松前城入口に石碑があります。
松前城の外堀です。
松前城の外堀です。
松前城は桜の名所としても有名です。
松前城は桜の名所としても有名です。
三ノ丸番所跡に松前城の復元模型が設置されています。
三ノ丸番所跡に松前城の復元模型が設置さ…
松前城の砲弾跡が残る石垣です。
松前城の砲弾跡が残る石垣です。
松前城に向かう道中に天神坂門があります。
松前城に向かう道中に天神坂門があります…
北海道松前郡に松前城があります。
松前城の資料館の入口です。
松前城入口に石碑があります。
松前城の外堀です。
松前城は桜の名所としても有名です。
三ノ丸番所跡に松前城の復元模型が設置され…
松前城の砲弾跡が残る石垣です。
松前城に向かう道中に天神坂門があります。

松前城の
主な収蔵作品

松前城の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 大和尻懸則長

※この写真は松前城様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
  • 時代
    室町時代
  • 制作国
    大和国
  • 刀工
    則長

松前城の施設情報

松前城の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 049-1511
北海道松前郡松前町字松城144番地
電話番号 0139-42-2216
交通アクセス 函館空港から車で約2時間10分
JR函館駅から車で約2時間

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~17時(入館時間は16時30分まで)
休館日 12月11日~4月9日
駐車場 有り
入場料 大人 360円(290円)
小・中学生 240円(190円)
幼児無料
()内は障害者と団体10名以上の料金です。
公式サイト https://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/77

松前城のアクセス

松前城
松前城
松前城
loading...

「松前城」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、松前城の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

刀剣ワールド 城
日本全国のお城や城跡を検索できる情報サイト。日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツなど多数掲載!
旅探「全国の博物館・美術館」
旅探で日本全国の博物館・美術館を簡単検索!ガイドブックや公式ホームページでは分からない生の声を掲載しています。

北海道の刀剣施設情報

北海道にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 札幌市中央区
  • 札幌市北区
  • 札幌市東区
  • 札幌市白石区
  • 札幌市豊平区
  • 札幌市南区
  • 札幌市西区
  • 札幌市厚別区
  • 札幌市手稲区
  • 札幌市清田区
  • 函館市
  • 小樽市
  • 旭川市
  • 室蘭市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 北見市
  • 夕張市
  • 岩見沢市
  • 網走市
  • 留萌市
  • 苫小牧市
  • 稚内市
  • 美唄市
  • 芦別市
  • 江別市
  • 赤平市
  • 紋別市
  • 士別市
  • 名寄市
  • 三笠市
  • 根室市
  • 千歳市
  • 滝川市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 深川市
  • 富良野市
  • 登別市
  • 恵庭市
  • 伊達市
  • 北広島市
  • 石狩市
  • 北斗市
  • 石狩郡当別町
  • 石狩郡新篠津村
  • 松前郡松前町
  • 松前郡福島町
  • 上磯郡知内町
  • 上磯郡木古内町
  • 亀田郡七飯町
  • 茅部郡鹿部町
  • 茅部郡森町
  • 二海郡八雲町
  • 山越郡長万部町
  • 檜山郡江差町
  • 檜山郡上ノ国町
  • 檜山郡厚沢部町
  • 爾志郡乙部町
  • 奥尻郡奥尻町
  • 瀬棚郡今金町
  • 久遠郡せたな町
  • 島牧郡島牧村
  • 寿都郡寿都町
  • 寿都郡黒松内町
  • 磯谷郡蘭越町
  • 虻田郡ニセコ町
  • 虻田郡真狩村
  • 虻田郡留寿都村
  • 虻田郡喜茂別町
  • 虻田郡京極町
  • 虻田郡倶知安町
  • 岩内郡共和町
  • 岩内郡岩内町
  • 古宇郡泊村
  • 古宇郡神恵内村
  • 積丹郡積丹町
  • 古平郡古平町
  • 余市郡仁木町
  • 余市郡余市町
  • 余市郡赤井川村
  • 空知郡南幌町
  • 空知郡奈井江町
  • 空知郡上砂川町
  • 夕張郡由仁町
  • 夕張郡長沼町
  • 夕張郡栗山町
  • 樺戸郡月形町
  • 樺戸郡浦臼町
  • 樺戸郡新十津川町
  • 雨竜郡妹背牛町
  • 雨竜郡秩父別町
  • 雨竜郡雨竜町
  • 雨竜郡北竜町
  • 雨竜郡沼田町
  • 上川郡鷹栖町
  • 上川郡東神楽町
  • 上川郡当麻町
  • 上川郡比布町
  • 上川郡愛別町
  • 上川郡上川町
  • 上川郡東川町
  • 上川郡美瑛町
  • 空知郡上富良野町
  • 空知郡中富良野町
  • 空知郡南富良野町
  • 勇払郡占冠村
  • 上川郡和寒町
  • 上川郡剣淵町
  • 上川郡下川町
  • 中川郡美深町
  • 中川郡音威子府村
  • 中川郡中川町
  • 雨竜郡幌加内町
  • 増毛郡増毛町
  • 留萌郡小平町
  • 苫前郡苫前町
  • 苫前郡羽幌町
  • 苫前郡初山別村
  • 天塩郡遠別町
  • 天塩郡天塩町
  • 宗谷郡猿払村
  • 枝幸郡浜頓別町
  • 枝幸郡中頓別町
  • 枝幸郡枝幸町
  • 天塩郡豊富町
  • 礼文郡礼文町
  • 利尻郡利尻町
  • 利尻郡利尻富士町
  • 天塩郡幌延町
  • 網走郡美幌町
  • 網走郡津別町
  • 斜里郡斜里町
  • 斜里郡清里町
  • 斜里郡小清水町
  • 常呂郡訓子府町
  • 常呂郡置戸町
  • 常呂郡佐呂間町
  • 紋別郡遠軽町
  • 紋別郡湧別町
  • 紋別郡滝上町
  • 紋別郡興部町
  • 紋別郡西興部村
  • 紋別郡雄武町
  • 網走郡大空町
  • 虻田郡豊浦町
  • 有珠郡壮瞥町
  • 白老郡白老町
  • 勇払郡厚真町
  • 虻田郡洞爺湖町
  • 勇払郡安平町
  • 勇払郡むかわ町
  • 沙流郡日高町
  • 沙流郡平取町
  • 新冠郡新冠町
  • 浦河郡浦河町
  • 様似郡様似町
  • 幌泉郡えりも町
  • 日高郡新ひだか町
  • 河東郡音更町
  • 河東郡士幌町
  • 河東郡上士幌町
  • 河東郡鹿追町
  • 上川郡新得町
  • 上川郡清水町
  • 河西郡芽室町
  • 河西郡中札内村
  • 河西郡更別村
  • 広尾郡大樹町
  • 広尾郡広尾町
  • 中川郡幕別町
  • 中川郡池田町
  • 中川郡豊頃町
  • 中川郡本別町
  • 足寄郡足寄町
  • 足寄郡陸別町
  • 十勝郡浦幌町
  • 釧路郡釧路町
  • 厚岸郡厚岸町
  • 厚岸郡浜中町
  • 川上郡標茶町
  • 川上郡弟子屈町
  • 阿寒郡鶴居村
  • 白糠郡白糠町
  • 野付郡別海町
  • 標津郡中標津町
  • 標津郡標津町
  • 目梨郡羅臼町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、北海道松前郡にある「松前城」についてご紹介しています。
松前城の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、松前城について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード