広島城 広島城
広島城
広島県広島市にある「広島城」は、「毛利輝元」(もうりてるもと)によって築かれた平城です。別名「鯉城」(りじょう)。「関ヶ原の戦い」で西軍が敗れた結果、輝元が転封となると、「福島正則」(ふくしままさのり)が城主となり、正則が改易となったあとは、「浅野長晟」(あさのながあきら)をはじめとした浅野氏が藩主として藩政の拠点としました。
築城以来、広島の歴史の中心的な役割を果たしてきた広島城は、2006年(平成18年)に、「日本100名城」に選定されています。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

広島城の歴史

広島県広島市にある「広島城」の歴史について、ご紹介します。

広島城のあゆみ

毛利輝元_2

毛利輝元

広島城の築城が始まったのは1589年(天正17年)でした。

のちに「五大老」のひとりとなる「毛利輝元」が、中国地方一帯を統治する拠点として「太田川」河口域の三角州を城地に選定。

堀と石垣によって守備を固め、城主の権力の象徴である豪壮な「天守」(天守閣)を中心に据えた近世城郭(きんせいじょうかく)の建築が構想されたのです。

こうして始まった大規模な建築工事は、1599年(慶長4年)に落成したという記録が残っています。完成した広島城の周囲には、家臣や町人たちが居住するなど、それまで「五ヶ」(ごか)と呼ばれていた地は、城下町「広島」として発展していきました。

1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将を務めた毛利輝元は、敗戦によって「周防・長門」(すおう・ながと:現在の山口県)へと転封。代わって「福島正則」が入城します。

もっとも福島正則は、幕府に無断で広島城の普請(ふしん:土木建築工事)を行なったことが「武家諸法度」(ぶけしょはっと)に抵触するとして改易。代わって入城したのが、紀伊和歌山城主「浅野長晟」でした。以後、江戸時代を通じて浅野氏が広島藩主として、広島城を拠点に領国運営を行なうことになります。

明治時代においても、広島城は広島の中心であり続けました。1871年(明治4年)、「廃藩置県」によって「広島県」が成立すると、本丸に県庁を設置。「日清戦争」の際には「大本営」が置かれました。

その後の広島城は、広島の都市化と共に少しずつ姿を変えていきましたが、1945年(昭和20年)8月6日の原爆投下により、堀や石垣を残して建物はすべて失われます。

1958年(昭和33年)3月、天守が鉄筋コンクリート造で復元され、「広島復興大博覧会」終了後に「広島城郷土館」として開館。1989年(平成元年)のリニューアルを経て武家文化を中心とした歴史資料を専門に扱う博物館「広島城」としてオープンし、現在に至ります。

原爆によって焼失した天守以外の建造物の一部についても、1994年(平成6年)までに木造で復元されました。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

広島城由縁の刀剣・甲冑

広島城は現在、5層構造となっており、第1層では広島城の構造や、広島藩の成立からの歴史を展示すると共に、甲冑や「陣羽織」(じんばおり)などの着用体験コーナーが設けられています。

第2層では広島の城下町における生活について展示。第3層では広島ゆかりの日本刀や甲冑の展示が行なわれています。

そして第4層ではテーマを設定しての企画展示が開催され、展望室となっている第5層からは、「原爆ドーム」など広島市内を一望でき、天気が良ければ「宮島」を望むことも可能です。

広島城には、数多くの日本刀が収蔵・展示されています。

代表的な作では、南北朝時代に制作された「刀 無銘 伝左文字」(かたな むめい でんさもんじ)や、同じく南北朝時代に制作された「刀 無銘 伝兼長」(かたな むめい でんかねなが)、戦国時代に制作された「短刀 銘 村正」(たんとう めい むらまさ)。

さらに、2代城主・福島正則が所用していたものの、黒田家の家臣「母里友信」(もりとものぶ)に「呑み取られた」という逸話が残る名槍「日本号」を、広島在住の「無鑑査刀匠」三上貞直(みかみさだなお)氏が写した1振も収蔵・展示されています。

日本刀の展示は、入替えを行なっている場合があります。

甲冑(鎧兜)写真/画像甲冑(鎧兜)写真/画像
甲冑(鎧兜)の名前や種類など、歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)を検索することができます。

広島城写真一覧

 をクリックすると、拡大して写真がご覧頂けます。

広島城
広島県広島市内に広島城があります。
広島城の表御門より入城ができます。
広島城の表御門より入城ができます。
広島城 案内看板
敷地内に広島城の案内マップがあります。
広島城二の丸城跡の説明看板があります。
広島城二の丸城跡の説明看板があります。
広島城内にある石碑です。
広島城内にある石碑です。
広島城の天守閣から見ることのできる景色です。
広島城の天守閣から見ることのできる景色…
城内展示物
広島城内には広島の歴史を学べる展示物が…
レンタル自転車
広島市内で利用できるレンタル自転車が設…
広島県広島市内に広島城があります。
広島城の表御門より入城ができます。
敷地内に広島城の案内マップがあります。
広島城二の丸城跡の説明看板があります。
広島城内にある石碑です。
広島城の天守閣から見ることのできる景色で…
広島城内には広島の歴史を学べる展示物が多…
広島市内で利用できるレンタル自転車が設置…

広島城の
主な収蔵作品

広島城の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 在銘藝州住出雲大掾正光 慶応二年寅八月日

※この写真は広島城様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
  • 時代
    江戸時代
  • 制作国
    安芸国
  • 刀工
    石橋正光

紺糸素掛威二枚胴具足畳兜付

※この写真は広島城様からご提供頂いております。

広島城の施設情報

広島城の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒730-0011
広島県広島市中区基町21-1
電話番号 082-221-7512
交通アクセス 「城北駅」下車 徒歩4分
直線距離で算出しておりますので、実際の所要時間と異なる場合がございます。

交通アクセス情報を見る

営業時間 3月1日~11月30日の期間  9~18時まで
(入館は17時30分まで)
12月1日~2月末日の期間  9~17時まで
(入館は16時30分まで)
休館日 12月29日~31日 臨時休館あり
駐車場 無し
入場料 一般 370円(280円)
シニア・老人・高校生 180円(100円)
中学生以下 無料
()内は30名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.rijo-castle.jp/RIJO_HP/

広島城のアクセス

広島城
広島城
広島城
loading...

「広島城」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、広島城の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

刀剣ワールド 城
日本全国のお城や城跡を検索できる情報サイト。日本の城(城郭)にまつわる各種コンテンツなど多数掲載!
旅探「全国の博物館・美術館」
旅探で日本全国の博物館・美術館を簡単検索!ガイドブックや公式ホームページでは分からない生の声を掲載しています。

広島県の刀剣施設情報

広島県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 広島市中区
  • 広島市東区
  • 広島市南区
  • 広島市西区
  • 広島市安佐南区
  • 広島市安佐北区
  • 広島市安芸区
  • 広島市佐伯区
  • 呉市
  • 竹原市
  • 三原市
  • 尾道市
  • 福山市
  • 府中市
  • 三次市
  • 庄原市
  • 大竹市
  • 東広島市
  • 廿日市市
  • 安芸高田市
  • 江田島市
  • 安芸郡府中町
  • 安芸郡海田町
  • 安芸郡熊野町
  • 安芸郡坂町
  • 山県郡安芸太田町
  • 山県郡北広島町
  • 豊田郡大崎上島町
  • 世羅郡世羅町
  • 神石郡神石高原町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、広島県広島市にある「広島城」についてご紹介しています。
広島城の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、広島城について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード