現代以上に仏教と人々の関係が密接であった戦国時代。特に戦国武将は天下統一を果たすために、武力だけでなく政治力も必要であったため、仏教の力がかかせませんでした。そんな武将達に助言を与えたのが、仏道を修行する「僧侶」です。
戦国時代の僧侶は、時には天下統一を目指す武将の陰の権力者になったり、時には広大な荘園を守るため自ら武装する「僧兵」になったり、現代の僧侶と異なる役割をしていました。
「武将と仏教の歴史」では、戦国時代で活躍した僧侶や仏教の役割をはじめ、俗世と関係を断ち切り出家した武将などをご紹介。日本史を語る上で欠かせない武将と仏教の歴史を紐解きます。

武将と仏教信仰

仏教伝来の歴史

「仏教」と聞くと、現代の人々は葬式や法事といった死にかかわる行事を思い浮かべることでしょう。しかし、仏教が伝来した古墳時代の日本は、海を隔てていた中国や朝鮮半島と比べると、文化的水準が決して高いとは言えませんでした。大和朝廷は交渉の末、朝鮮半島の百済から仏像や経典を手に入れますが、仏教をめぐって蘇我氏と物部氏が対立。この対立は、子の世代や皇族を巻き込んで数十年にも及び…

詳細情報を見る
仏教伝来の歴史

武将と仏教の関係

武将達の生きた戦国乱世の時代は、生と死が隣り合わせの時代で「今日は生きているけれど、明日は死ぬかもしない」といった状況が日常でした。そうしたなかで、人知を超えた存在である神仏への信仰心が強まるのは必定。寺社への戦勝祈願や結束力を強くするための軍神崇拝は、家臣達の士気を高めるためにも重要な役割を持ったと言えます。また、領国経営においても神仏への信仰は欠かすことのできない…

詳細情報を見る
武将と仏教の関係

戦国三英傑と宗教

誰もが知っている戦国武将「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」は、愛着や尊敬を込めて「三英傑」と総称されます。三英傑の呼び名は、それぞれが戦国の世を泰平に導こうとしていたことや、3人とも愛知県出身であったことからまとめて呼称するようになりました。天下を目指したことは同じで、戦や政策などでも目覚ましい活躍をしています。けれど、三者三様まったく違う個性を持っていたことか…

詳細情報を見る
戦国三英傑と宗教

武将と念持仏

武将にとっての「念持仏」(ねんじぶつ)とは、勝運はもちろんのこと、厄避け・子孫繁栄・武芸向上などのため霊験あらたかな仏像を祀ることです。非常に私的な持ち物であり、寝所や仏間に安置することもあれば、合戦の折には陣中に持ち運ぶこともありました。このように念持仏は、武将達が個人で所有し加護を求めた仏像です。武将達は、どのようにして仏像を得て、念持仏としたのかを見ていきたいと…

詳細情報を見る
武将と念持仏

戦国武将と寺

武将と寺院のつながり

平安時代まで仏教を信仰するのは貴族が中心で、その祈りについても安産祈願や病気平癒といった内容でした。それが鎌倉時代以降、武士社会となっていくなか、武士達の間で仏教を崇拝する人々が増加。そして戦が続くようになった戦国乱世の時代では、社寺への戦勝祈願や、戦の守護神として念持仏(ねんじぶつ)を持つことが当たり前になっていきます。さらに武将達は、自身の躍進や先祖の霊を弔うため…

詳細情報を見る
武将と寺院のつながり

戦国武将を育てた寺の教育

戦国時代、武将達は良き統治者となるため、幼少の頃より多くの学問を学び、英才教育を施されていました。そのため武将達には教育係が付けられましたが、戦国時代には民間に教育が普及していなかったため、武将達が師事するのは、当時の知識層であった寺院の僧侶だったのです。戦国時代に武将達がどのような教育を受けていたのか、教育機関としての寺社の役割、寺社で英才教育を施された武将達をご紹…

詳細情報を見る
戦国武将を育てた寺の教育

仏教に由来する戦国武将の名前

全国でいくつもの争乱が頻発していた戦国時代、現代よりも死が近くあったことで、多くの人が篤く宗教を信仰していました。戦国武将達も例外ではなく、晩年には仏道に帰依し、出家をすることで隠居する武将も多くいたのです。多くの武将が深い信仰を持っていたことが、名前にも反映されることがありました。仏教用語や神様が名前の由来となった戦国武将を紹介します。

詳細情報を見る
仏教に由来する戦国武将の名前

武将が深く信仰した仏像

戦場を駆ける武将達は、現代にいる私達よりも圧倒的に死に近い場所にいました。合戦を繰り返す武将と、不殺を戒律に掲げる仏教の信仰はなじみのないもののように感じられますが、自らの手で命を奪うことも少なくなかった武将達は、御仏に手を合わせて自らの罪を懺悔していたのです。武将が愛し、信仰した仏像について紹介します。

詳細情報を見る
武将が深く信仰した仏像

武将が広めた仏教

日本の歴史と仏教の広まり

世界では日本人が無宗教的であると言われることもありますが、現在、主に日本で信仰されているのは、世界三大宗教のひとつである「仏教」と日本古来の「神道」の2つ。飛鳥時代に海外から日本に仏教が伝えられてから、仏教の御仏と国の成り立ちにかかわると信じられている古来の神々をどのように位置付け、仏教を受け入れていったのでしょうか。当初は国を守るための宗教としていた仏教がどのように…

詳細情報を見る
日本の歴史と仏教の広まり

武士と仏教

仏界の1尊である「毘沙門天の化身」として知られる「上杉謙信」に見られるように、戦国時代において多くの武将達は仏教を深く信仰し、戦勝を祈願していました。また、「平清盛」や「武田信玄」のように仏道に帰依し、出家をする武将も少なくありません。武士達が仏教を深く信仰するようになったきっかけとなる鎌倉時代と、室町時代の仏教について紹介していきます。

詳細情報を見る
武士と仏教

日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「武将と仏教の歴史」のページです。
戦国武将と仏教の関係は非常に密接で、政治のために武将に助言をする僧侶や、俗世から抜けて出家する武将もいました。こちらのコンテンツでは、戦国時代で歴史を動かした僧侶や、武将に深い影響を与えた仏教について解説します。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・日本刀・甲冑、武者絵や書画の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。剣や鎧兜、武者絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード