MENU
文字サイズ
閉じる
刀剣ブログ 刀剣広場

CONTENT/記事

文字サイズ

家から日本刀が出てきた!持っているだけで罪?警察署に届けるべき?

家から日本刀が出てきた!持っているだけで罪?警察署に届けるべき?

普通、日本刀(刀剣)を目にする機会と言えば、博物館などで展示されている物が一般的だと思います。しかし、それ以外にも「実家の倉庫や蔵から日本刀(刀剣)が出てきた!」、「遺品整理のときに日本刀(刀剣)が見つかった」など、日常で日本刀(刀剣)を発見することは充分ありえるのです。日本刀(刀剣)を見付けて驚くことも束の間、次に考えることは「このまま勝手に持っていても大丈夫かな・・・」とか、「無許可で日本刀(刀剣)を持っていたら罪になるんじゃ・・・」など不安なことばかり。今回はそんな不安を解消する、「日本刀(刀剣)を見付けたときの対処法」をご紹介します。

日本刀が出てきたらどうすれば良い?

もし日本刀(刀剣)を見付けたら、どうすれば良いのでしょうか。

昔は武器として使われていた物だけに、対応の仕方ひとつ間違えただけで何かの罪にならないかと、おっかなびっくりするのも当然です。

だからと言って、間違えても日本刀(刀剣)を裸のまま警察署に持って行き、どうすれば良いか尋ねることはやめましょう。場合によっては、銃刀法違反に問われる場合もあります。

日本刀(刀剣)を発見した場合は、まず「銃砲刀剣類登録証」があるかどうかを確かめて下さい。

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証とは、日本刀(刀剣)の中でも、美術的価値がある物だけに交付される登録証。教育委員会によって、美術品としての価値を認められたことを意味しているのです。

銃砲刀剣類登録証は1951年(昭和26年)から発行が開始され、日本刀(刀剣)の種別、長さ、反り、銘文といったデータを記載。

昔は紙のみでの発行でしたが、現在は保管しやすいよう、ラミネートされた状態で発行されます。

日本刀を所持するなら、まずは登録証の確認を

銃砲刀剣類登録証は、日本刀(刀剣)と一緒に保管されていることが多いです。そのため、もし見つかった日本刀(刀剣)の傍に銃砲刀剣類登録証がなければ、その日本刀(刀剣)は未登録の状態かもしれません。

ただし、このあとにも説明しますが、銃砲刀剣類登録証の発行にはお金がかかるので、登録証がどこかにないか、念のため再度確認しておきましょう。

そして、この登録証があるかないかで、そのあとの対応も変わってきます。

登録証があった場合は内容を確認!

登録証が無事に見つかったから一安心、とは限りません。まずは、発見された日本刀(刀剣)と登録証に記録されている内容が同じかどうか確認しましょう。

稀に、内容が異なったり改ざんされていたりするケースもあり、そうした場合は登録証の再交付新規登録を行なう必要があります。

登録証の内容に問題がなく、特に誰かに譲ったり、専門店で買い取ってもらったりする予定がなければ、日本刀(刀剣)の所有者を自分にするため、「所有者変更届出」をしましょう。

銃砲刀剣類登録証・所有者変更届出書

銃砲刀剣類登録証・所有者変更届出書

登録証の付いている日本刀(刀剣)は、誰でも所有することができるので、登録証の名義を変更することができます。

その際、所有者変更を希望する場合は、日本刀(刀剣)を手に入れた日から20日以内に、所有者変更届出を出す必要がありますが、その方法は簡単。ハガキなどに必要事項を記入して、登録証に書かれている各都道府県の教育委員会に郵送するだけ

日本刀(刀剣)や登録証を、教育委員会などへ直接持って行き、その場で手続きをするような手間はかかりません。

手続きに必要な情報は、日本刀(刀剣)の詳細や、登録証に記載されている内容がメインです。

しかし、いちいち何を書けば良いのか調べるのが面倒・・・なんて人は、ネットで検索をして各自治体が用意してくれているテンプレートを印刷するのがおすすめ。

都道府県によっては、ネット上で申請が完結できるようになっているところもあるので、登録証に記載されている都道府県それぞれにどんな申請方法があるかチェックしてみましょう。

なお、教育委員会の多くは申請を出したあと、「受理しました」というような連絡を行なっていません。ちゃんと登録できたかな?と心配な方は、電話で確認することをおすすめします。

登録証が見つからなければ、警察署に「発見届」を出そう

では、登録証が見つからなかった場合はどうすれば良いでしょう。

「登録されていない日本刀(刀剣)を持っているなんてことが知られたら・・・」と恐ろしく思うかもしれませんが、こんな場合は「刀剣類発見届出済証」を交付してもらいましょう。

きちんと届出を済ませれば、銃砲刀剣類登録証の申請も行なえるようになります。

まず、登録証のない日本刀(刀剣)を発見したことを、すみやかに最寄りの警察署に電話で連絡をします。

この「すみやかに」「電話連絡」が重要で、面倒だからと発見の届出をあと回しにしてしまうと、登録証のない日本刀(刀剣)を所持したとみなされてしまう恐れも・・・。

また、警察署に日本刀(刀剣)を持参する前に電話連絡をしておくことで、発見届の手続きもスムーズに行なえます。

発見届の担当部署は「生活安全課」となっており、電話連絡の際には日本刀(刀剣)を発見した場所や経緯を質問されます。決して罪に問うために聞いている訳ではないので、率直に発見した経緯を伝えましょう。

場合によっては発見当時の写真を証拠として撮影することもあるため、警察に連絡するまでは、不用意に日本刀(刀剣)を移動させないよう注意が必要です

連絡が済んだあとは警察の指示にしたがって、日本刀(刀剣)の現物を、発見した当時の状態で所轄の警察署に持っていきましょう。

発見届に必要事項を記入したあとは、担当の方で日本刀(刀剣)の種別や長さ、銘などを確認して用紙に記入してくれます。こうして刀剣類発見届出済証が発行されると、日本刀(刀剣)は持ち帰ることができ、登録証の申込みも可能となるのです。

ちなみにこの刀剣類発見届出済証を貰うための費用はかかりませんが、発行手続きには発見者が届ける必要があります

また、手続きには印鑑と運転免許証など、本人確認の取れる身分証明書が必要なので、お忘れなく。

発見届を出したら、いよいよ登録証の手続きへ

刀剣類発見届出済証を無事に受け取ったあとは、交付から20日以内に銃砲刀剣類登録証の手続きを行ないましょう。登録証の申請は、住んでいる地域にある教育委員会が管轄となります。

教育委員会では定期的に登録審査日として、持ち込まれた日本刀(刀剣)の審査を行なっており、刀剣類発見届出済証と見付けた日本刀(刀剣)を持っていけば、文化庁から審査を任されている専門家が美術刀剣に値するかどうかチェックしてくれるのです。他にも印鑑や登録料なども必要となるので注意しましょう。

またどうしても発見者が行けない場合は、委任状を託せば家族、知人など、代理の人でも大丈夫です。

ここから、いよいよ日本刀(刀剣)の審査となるのですが、審査に通る日本刀(刀剣)の特徴や基準をまとめてみました。

  • 焼き入れ鍛錬といった伝統的な制作方法がされているか
  • 美術的価値があるか
  • 玉鋼が材料として使われているか

一方で、審査に通らない日本刀(刀剣)とはどんな物でしょうか。
この場合もいくつか特徴があります。

  • 火災など、被災によるダメージを受けている
  • 焼刃(やきば)がない物
  • 伝統的な制作工程で作られていない

他にも、外国製の日本刀(刀剣)を審査に出しても、登録の対象外となるのでご注意を。

登録証発行の費用は、どのくらいかかる?

無事審査に合格すると、登録証はその場で交付してもらえます。

登録証があれば、見つかった日本刀(刀剣)はご自身の物として認められるので、譲渡や売却もできるようになります。

ただし、注意が必要な点がひとつ!登録審査には、手数料として6,300円がかかります。この手数料は、申込む段階で審査料として支払うため、もし日本刀(刀剣)が登録不可となった場合でも、払ったお金は戻ってきません。

さらに、審査にて不合格になった日本刀(刀剣)は、原則所持することは許されず、警察へ持って行き、破棄してもらう必要があります

「せっかく発見届まで出したのに、所持できないなんて・・・」とがっかりするのはまだ早いです。破棄しなければならないのは刀身のみ、つまり拵は返してもらえます。

刀身と同じく、や鍔といった刀装具にも、様々な種類や装飾が施されている物は多くあり、拵を持っているだけでも、日本刀(刀剣)の魅力は充分に味わえるのです。

日本刀を所持しないなら、売却、寄贈という選択肢も

例えば遺品整理などで日本刀(刀剣)を見付けた場合、興味のない人からすれば、どうすれば良いのか困ってしまうのも事実。登録証があれば、他の人に売却や譲渡することが可能です。

日本刀(刀剣)に興味のある人も、そうでない人もぜひチェックしてみて下さい!

専門店にて買取をお願いする

登録証のある日本刀(刀剣)は、美術的価値が認められた立派な美術品です。

自宅で大切に保管しておきたくても、スペースがなかったり、手入れをきちんと続けていける自信がなかったりと、現実はなかなか難しいもの。

そんなときは、日本刀(刀剣)の専門店(刀剣商)にて買取をお願いするのもひとつの手です。

専門店と聞くと、何の知識もないのに利用できるか心配にもなりますが、利用する人は日本刀(刀剣)の愛好家だけではありません。特に興味や知識はないけれど、遺産として相続したので売却したいと言う利用者もいるのです。

そんな利用者のニーズに合わせて、多くの刀剣商では、初心者の人でも分かりやすいよう、買取に必要な物や手順をホームページなどで解りやすく説明しています。

買取方法も様々で、「宅配買取」「出張買取」といった選択肢もあり、「日本刀(刀剣)を持ち歩くのは怖い」と考えている人も、安心して買取依頼ができるようになっているのです。

最近では、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像で、おおよその査定額を提示してくれる専門店もあり、日本刀(刀剣)のどの部分を撮影すれば良いのかなど、サイト内で説明しています。

価値ある日本刀は寄贈や寄託という選択肢も!

見つかった日本刀(刀剣)にかなりの価値があったと分かると、売却などで手放すのは惜しいと考える人もいるのでは?

しかし日本刀(刀剣)の保管をしようと思っても、場所を取ったり、手入れが大変だったりします。

さらに地震や火災の被害も心配ですし、空き巣による被害も無いとは言い切れません。これはある意味、日本刀(刀剣)以外にも言えることですが、文化財を自分で管理しようと思うと手間や費用がとてもかかります。

そんなときにできる方法が、博物館への寄贈寄託

博物館への寄贈・寄託

博物館への寄贈・寄託

どちらも自分の所有する日本刀(刀剣)などの文化財を、博物館などに渡すことではありますが、その2つは全く異なる意味を持っています。

寄贈とは、日本刀(刀剣)などの文化財の所有権も含め、博物館などに無償で提供すること

寄託は、日本刀(刀剣)などの文化財の所有権は自分のままにしておいて、博物館などで保管や展示・運営を行なうことを言います。

簡単に言うと、自分の持つ文化財を、博物館などに「あげる」か「貸すか」といった違いです。

例えば寄託の場合だと、自分では難しい管理や保管も、博物館側が責任を持って行なってくれます。自宅ではできないような文化財の保管もしてくれるので安心!

博物館側も、文化財の研究や調査、そして展示も行なえるので、寄託者も博物館もお互いにメリットがあるのです。

もしも、日本刀(刀剣)を寄贈・寄託をしたいと思った場合は、直接持ち込むのではなく、まずは郵送などで事前に寄贈・寄託したい日本刀(刀剣)の詳細を伝える必要があります。

同時に、日本刀(刀剣)の様子が分かるように、写真も一緒に送るケースもあり、これらの情報をしっかり記入したうえで、寄贈・寄託したい博物館や美術館に申込みをしましょう。

貴重な文化財を、多くの人に見て貰えることは、所有者としてこれほど有意義なことはありません。

まとめ

今回は、日本刀(刀剣)を見付けたときの対処法として、登録証や発見届の手続き方法などをご紹介しました。

これでもし実家などで日本刀(刀剣)を見付けても、慌てずに対応できますね!

登録証が発行されていれば、所持はもちろん、譲渡や売却もできるようになるので、まずは登録証がないか、しっかり確認しましょう

CATEGORY/カテゴリー CATEGORY/カテゴリー

New Article/新着情報 New Article/新着情報

  • 備前刀を満喫! 備前長船刀剣博物館(瀬戸内市) 備前刀を満喫! 備前長船刀剣博物館(瀬戸内市)
    2019/9/12

    備前刀を満喫! 備前長船刀剣博物館(瀬戸内市)

  • 刀剣展示会【名刀は語る  美しき鑑賞の歴史】展をチェック! 刀剣展示会【名刀は語る  美しき鑑賞の歴史】展をチェック!
    2019/9/9

    刀剣展示会【名刀は語る 美しき鑑賞の歴史】展をチェック!

  • 刀剣ファン必見!大阪城は刀剣展示の穴場スポット!?(大阪市中央区) 刀剣ファン必見!大阪城は刀剣展示の穴場スポット!?(大阪市中央区)
    2019/8/29

    刀剣ファン必見!大阪城は刀剣展示の穴場スポット!?(大阪市中央区)

  • 刀剣ファン必見!講道館に出掛けよう! 刀剣ファン必見!講道館に出掛けよう!
    2019/8/27

    刀剣ファン必見!講道館に出掛けよう!

  • 戦国武将の運命を変えた大地震 戦国武将の運命を変えた大地震
    2019/8/8

    戦国武将の運命を変えた大地震

刀剣ワールド
Twitter公式アカウント

ARCHIVE/アーカイブ ARCHIVE/アーカイブ

注目ワード

ページトップへ戻る