日本の城は、戦国時代を中心に築城されました。城は戦の拠点であり、戦略のカギを握る重要な場所。実際に、城はどのような形で戦国の世や戦国武将達と関連があったのでしょうか。戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について、知っているようで知らない「攻めの戦略」(城攻めの方法)と「守りの戦略」(城を防御するための工夫)、そして重要な城作りに大きくかかわりのあった築城家などについて、解説していきます。

攻めの戦略

「攻めの戦略」には野外での攻防戦である「野戦」と、相手が城に籠もった場合の「籠城戦」があり、それぞれの状況に応じた様々な戦略が存在します。「籠城戦」において、城を攻撃する側の戦略を「攻城戦」と呼びますが、こちらでは「攻城戦」における攻撃手段のひとつである「城攻め」の方法を種類ごとに解説するほか、「武田信玄」が独自に解釈した「戦国八陣」と呼ばれる陣形をもとに、3つの合戦で用いられた陣形をまとめました。

城攻めの方法

戦は、大きく分けて2つの方法で行なわれていました。ひとつは、両者が野外で攻防する「野戦」(やせん)。もうひとつは、一方が城に籠る「籠城戦」(ろうじょうせん)です。これは、城を攻める側にとっては、「攻城戦」(こうじょうせん…

詳細はこちら
城攻めの方法

武田信玄の戦国八陣

戦国時代の大名の中でも大きな勢力を持っていた武田信玄によって、戦国の陣形とも言える戦国八陣(せんごくはちじん)が生み出されます。ただ、生み出すというよりは、すでにあった陣形の史料を皆が理解しやすいように解釈したもの。戦国…

詳細はこちら
武田信玄の戦国八陣

陣形から見る3つの合戦

戦国八陣は、中国から伝来した8種類の陣形・八陣を武田信玄が独自に解釈したもの。武田軍を中心に、実戦でも活用されていました。この戦国八陣による陣形は、実際にはどれほどの意味を持ち、また、どのように役立てられたのでしょうか。…

詳細はこちら
陣形から見る3つの合戦

守りの戦略

「守りの戦略」で最も重要なものは「城」です。城をどのような場所に建て、どのような構造にするかで、戦略も大きく変わっていきます。こちらでは、築城の立地によって異なる城の特徴や、戦国武将と同じくらい戦略に貢献した「三大築城家」と言われる3人についてもまとめました。

城作り

現代と違い重機がなかった当時。城作りは、すべて手作業で進められていきました。様々な専門家や職人達が集められ、有名な大名の城にもなると完成まで3年はかかったと言います。実際、どのような流れで城作りが行なわれたのでしょうか。…

詳細はこちら
城作り

城の構造

築城するにあたり、その地に適した城の構造を念入りに計画し、敵からの攻撃に備えることは、「守りの戦略」において非常に重要でした。身を守るための軍事的防御施設である「城」の構造に着目し、その構造の詳細と防御の工夫を解説します…

詳細はこちら
城の構造

三大築城家

戦国時代と言えば、どうしても戦国武将が注目されますが、城の攻略において重要なカギを握ったのが城作りでした。城の設計に携わり、攻略の難しい城作りに貢献したのが築城家です。中でも「三大築城家」と言われる3人をご紹介します。

詳細はこちら
三大築城家

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド(刀剣広場)」のコンテンツ「戦国武将の合戦戦略」です。戦国武将達が、どのような戦術を駆使して戦っていたのかを解説しています。戦地に合わせて陣形を駆使し、籠城相手に攻め込むための戦術や、城の構造で相手の戦略をねじ伏せるものなど、その多様な戦術をご覧下さい。バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド(刀剣広場)」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る